三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【初心者向け】注意すべき被弾ポイント【EXVSMBON】
以前のMBONの初心者向け記事で「初心者は回避方法をまず覚えよう」と書きました。

今回は、特に初心者が被弾しやすいポイントについて紹介し、
なるべく初心者の人が被弾を減らせるような行動を紹介したいと思います。
(主に射撃戦での注意点です)

【被弾ポイントその①:照射ビームなどで足を止めている時】
タイトルそのままです。
ガナーザクウォーリアのCSやガンダムヴァサ―ゴの特射を狙いすぎるあまり、
照射ビームを撃って射線を曲げている間に相手が撃った弾に被弾…というパターンです。
その他ではW0系列のロリバスもこれに該当しますね。
「当たり前だ!」と思われる方も多いと思います。実際その通りです。
しかし、しっかりとアラートや画面を見る癖をつけないと案外被弾しがちです。
「自分が注意しさえしていれば避けられる」ポイントなので、
仮に何百戦やったとしても、上記のような被弾は1回もないことが理想です。

【被弾ポイントその②:中距離での青~黄色着地時】
相手機体が高弾速の武装を持っているのに、青~黄色着地だから安全だと思い、
そのまま着地した隙を撃ち抜かれてしまうパターンです。
対策は単純で、着地する前に再度ブーストを吹かすかステキャンするかすればいいです。
「そのまま着地」以外に、上記の選択肢を加えることにより被弾率が下がるはずです。

【被弾ポイントその③:軸合わせ射撃をされた時】
ロックされていない相手から、背中を狙い撃ちされた時がこれに当たります。
撃たれていることに気づかずに移動を続けると相手の射撃が背中に刺さります。
対策としては「アラートを見る」「自分の移動方向を変更する(ステップする)」です。
自機背後のアラートが光ったら、横方向にBDする、横方向にステップする等しましょう。
アラートを意識するには慣れが必要です。
どちらかというと黄色アラート(単にロックされているだけ)よりも、
赤色アラート(自機が攻撃されている)に反応できるようにすればいいでしょう。

【被弾ポイントその④:接近時に相手を怖がり過ぎて高度を上げてしまう】
射撃戦をしていて相手との距離が近づいて来た時、
つい怖くなって高度を上げてしまい、その後の着地を取られた経験はないでしょうか?
高度を上げて逃げるのが有効なのは基本的に相手との距離が離れている時です。
相手との距離が近い時には相手に下にもぐられてしまい、ブースト不利を作られます。
接近時は、必ず安全に着地できる状況は少なく、読み合い要素が強くなることが大きいです。
この場合は、安全策を捨て、低い高度で着地の読み合いを繰り広げることも考えましょう。

今回紹介するのは以上4つのポイントです。
①は当然のこととして、まずは②③を意識できるようにするといいでしょう。
④は何度も対戦を繰り返して、対戦の行動パターンとその対策を考える必要があります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved