三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
【EXVSMBON】2500・1500の組み方について
MB以降、コスト1000はコスト1500に変更されました。
この変更を受けての記事をあまり書いていなかったので、今日は2500・1500の組み方について書こうと思います。

【落ちる順番】
当然ですが、理想は2500先落ち、1500がその後2回落ちるのが理想です。

【注意すべきこと】
コスト1000時代から言われていることですが、このコンビは2500が非常に狙われやすいです。
(2500を2回落とせば、1500を1回落とすだけで勝てるので当然ですね)
ですので、前衛と後衛のシフトが非常に大切になります。
まず最初は2500が落ちるため、1500は若干下がりつつ援護に回りましょう。
ただし、この時に1500の耐久を残し過ぎないことを心掛けましょう。
なぜなら、前述のとおり相手は2500側を積極的に狙ってきます。
2500先落ち→1500はたくさん耐久が余っている→あまり被弾していないので、1500にはまだ覚醒がない
相手チーム「まだ1500には覚醒がないから2500を助けに来られないぞ!
1落ちした2500を狙え!」
という状況になってしまいます。
そのため、2500が1落ちし、1500の耐久もそこそこ減っている(150くらい)のが理想です。
この状況なら、大抵の場合1500の覚醒が溜まっているので2500を助けに行けます。

【覚醒の使い方:2500】
2500側はガンガン半覚を使いましょう。
というのも、このコンビは1500が落ちた時に、2500側にたまる覚醒ゲージの量が多いため、
3回覚醒が十分狙えるからです。
具体的に2500で覚醒を狙っていくタイミングは下記の通りです。
「1落ちする前に半覚」(残耐久180くらい)
「1落ち後、1500が1落ちして増えたゲージで半覚」(残耐久500くらい)
「1落ち後、耐久が減った時に(最終局面)で半覚」(残耐久150くらい)
しっかりと2500側が半覚を使い、1500側も放置されずに落とされれば上記のような形で半覚できるはずです。
これを狙うためにE覚醒がお勧めです。
2500側は常に追われることになるため、離脱性能に優れるE覚醒一択でもいいくらいですね。
逆に2500側が半覚を使えずに落ちると大ピンチです。

2500が半覚を使えずに落ちる→復帰するが、大量の覚醒ゲージをどこで使うか迷う
→あたふたしている間に、相手のBRに被弾 耐久450くらいで受け身フル覚醒
相手チーム「あの2500受け身覚醒した!2回目の覚醒を狙うのが難しくなったはずだ!
あの2500を集中的に狙え!」
→2500が落ち、1500は1落ちしかさせてもらえず敗北

というパターンは2500・1500のペアで一度は経験したことがあるでしょう。
そもそも2500・1500のペアは基本性能では3000絡みに劣るため、積極的に半覚を使い、
覚醒回数で有利を取っていかなければ勝てません。
通常戦闘で圧倒的な有利を取れた時ならともかく、それ以外は積極的に半覚を使い、
戦局のコントロールをすべきでしょう。

【覚醒の使い方:1500】
1500側は、基本的に2500を守るために覚醒を使いたいところです。
理想的な使いどころは下記の通りです。
「2500が1落ち、自機耐久150程度で、復帰した2500を守るために半覚」
「自機1落ち後、耐久300程度で半覚」(2500を守るか、攻めに行くかは状況と相談)
「自機2落ち後(コスオバ後)、耐久僅かで半覚」
このように、うまくやれば1500側も半覚を3回できる可能性があります。
なるべくなら事故に強いE覚醒で積極的に半覚を回したいですが、1500コストは放置されやすいので、機体によってはFやSもありでしょう。
ただし、FやS選択時は1機目の覚醒タイミングがかなり難しいと思います。
きちんとゲージを貯められていないと、残り耐久100でようやく半覚といった事態も珍しくないです。
なるべく盾をしてゲージを貯める、2500が1落ちした時の覚醒ゲージの増加をうまく使う、などして耐久に余裕がある状態で半覚を使いたいですね。

2500・1500は3000絡みと一風変わった立ち回りになるので、やってみると面白いです。
半覚と耐久力の物量戦法がうまくかみ合えば、十分な強さを発揮できるでしょう。
それでは、今回はこのあたりで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved