三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
【初心者向け】回避しづらい武装のかわし方
今回は放送でよく質問される、回避しづらい武装のかわし方について書きたいと思います。

【大前提】
基本的には武装の「仕様」を知ることが大切です。
武装の仕様が分かっていれば、自ずとかわし方もわかってくるようになります。
(同時に、なぜ回避困難なのかも分かると思います・・・)

【ハルートの変形特射】
この武装はミサイルというよりもファンネル系武装に近いです。
ミサイルを上空に発射→ミサイルが上空から落ちてくる→カクッと曲がって敵機に突撃

実はこれ、誘導がかかる部分は「カクッと曲がって敵機に突撃」の部分です。
そのため、「ミサイルを上空に発射」「ミサイルが上空から落ちてくる」間は何回ステップしても無駄です。
ステップが有効になるのはカクッと曲がった後、突撃してくる間です。

まずはミサイルが発射された後、曲がってくるまでの間の時間を体で覚えましょう。
ミサイル発射を見た後、「そろそろ曲がって誘導してくるな」という時に、フワステが有効です。
焦って発射を見た瞬間に回避行動するのはNGです。落ち着いて曲がった後のミサイルを回避しましょう。

ちなみに最近はミサイル+シザービット+変形サブのセットプレイが流行していますが、こちらは回避がかなり難しいです。
(そのため、少しハルートの評価が上がっています)
上記セットプレイの回避を安定させるのはかなり難しいです。
ミサイルとビットをよけてから相手のHD変形サブに合わせてBRか盾くらいでしょうか。

とりあえず、まずはミサイル単体のよけ方を覚えておきましょう。

【フォビドゥンのサブ】
フォビのサブは誘導がまったくかかっておらず、銃口補正が2回かかっている武装です。
発射(1回目の銃口補正)→少し進んだあと曲がる(2回目の銃口補正)
と言った感じです。また、2回目の銃口補正は曲がる角度の限界値が設定されているようです。
※ちなみに曲がる方向はフォビ本体の赤緑ロックには影響されません
※本来ならフォビから見て緑ロックとなる真上にも角度の限界値内なら曲がります
特定距離の棒立ちを前サブや横サブで取ることはできませんが、これは2回目の銃口補正の曲がる角度の限界が関係しています。

これも2回銃口補正がかかる武装ですので、発射を見てからステップは意味がないです。
(ステップしても必ず曲がってきます)
結局、発射された方向の逆方向に逃げるくらいしか安定して回避できる方法がありません。

とは言えども、フォビは2000コスの中ではブースト慣性が乗り辛く機動性に難点を持ちます。
上下角度をつけて上から高誘導武装を押し付けるようにすると、フォビの横サブが機能し辛く、ある程度の対策になります。

【ローゼン・ズールのサブ】
これもファンネル系武装で、誘導がかかるのは敵機の近くに来て発射準備をした後になります。
ワイヤーが伸びてこちらを捉えようとしている時にいくらステップしても無駄です。
という訳で、ワイヤーが伸びてこちらの近くに配置された時に上昇or下降すると回避しやすいです。
また、この武装は射撃ボタン追加入力で連射できますが、その時にステップされると誘導を切られたままになります。
ですので、発射準備後(ワイヤーがこちらの近くに来た後)にフワステするのも有効です。
ただし、発射準備は自機ギリギリの位置でされるので早めにフワステしてしまうと、誘導が切れないことに注意しましょう。

【NTDバンシィのサブ】
ハの字にサーベルを投げるため真ん中ががら空き・・・と言いたいところですが、サーベルの判定が極めて大きく、少しだけですが滑りながら投げられるため実質真ん中にも判定があります。
おとなしく距離を取りましょう。
距離を取るしかないと言った方が正しいかもしれません。

【デスサイズヘルのアシスト】
このアシストに限りませんが、突撃して武器を振るタイプのアシストは誘導を切った後でもアシストに近ければ反応して武器を振ります。
そのため、回避はバックステップよりも横ステップが有効です。
(バックステップの場合、軸があったままでそのまま武装を振る動作に当たります)
できれば出した直後に誘導を切るのが望ましいです。
あまり近すぎると、武器を振る動作に当たります。

【エピオンのHD→格闘、FAユニコーン第3形態の特殊移動→格闘】
基本的に、特殊移動は「移動技」ですのでステップしても無意味です。
また、格闘派生時に再誘導してきます。
そのため、仮にステップで回避しようとすると、相手が特殊移動→格闘をした時、格闘が伸びてくる部分でステップする必要があります。
・・・ぶっちゃけ相当難しいので、後BDからのBR連射やどうしようもない場合シールドが有効です。

さて、今回パッと思いつくのはこんなところでしょうか。
よく質問される武装のかわし方をまとめてみると、「ステップは万能な回避行動ではない」と言うことが分かります。
各種武装の性能を把握して適切な回避行動がとれるようになるといいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved