三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
EXVSFBの歴史【2012年7月24日~2012年8月27日】
【ブルーフレーム大勝利!謎の強化修正で2520環境の布石を作ることに 2012/7/24(火)】

機体関連
・エクストリームガンダム エクリプス-F参戦
・ハンブラビが参戦
・ガンダムの耐久値、サブ射撃、特殊射撃関連、特殊格闘関連、及び各種格闘からの特殊格闘派生を調整
・アッガイのメイン射撃、サブ射撃、特殊射撃関連、各種格闘を調整
・メッサーラのメイン射撃、サブ射撃、特殊射撃、チャージ射撃、後格闘、『飛行形態時』の格闘攻撃を調整
・νガンダムの特殊格闘を調整
・ウイングガンダムゼロ(EW版)の耐久値、サブ射撃、特殊格闘関連を調整
・∀ガンダム、ターンXのEXバースト効果を調整
・ゴールドスモーのサブ射撃、特殊射撃関連、チャージ射撃、『スカートモード時』の特殊射撃を調整
・ストライクフリーダムガンダムの特殊射撃関連、チャージ射撃のマルチロックオン時、BD格闘を調整、
及びメイン射撃からの各種キャンセルを追加
・ダブルオーガンダムの『ダブルオーライザー時』『トランザムライザー時』のサブ射撃、特殊射撃関連、チャージ格闘、
『トランザムライザー時』の特殊格闘を調整
・デルタプラスのサブ射撃、BD格闘、『飛行形態時』の機動性、メイン射撃、特殊射撃、格闘攻撃を調整
・バンシィのサブ射撃、及び『デストロイモード』の強制発動条件を調整
・ガンダム試作2号機のNサブ射撃、特殊格闘関連、『ビーム・サーベル【出力アップ】時』の下格闘を調整
・グフ・カスタムの後格闘関連、及びサブ射撃、特殊射撃関連、特殊格闘関連のリロードのタイミングを調整
・ヒルドルブの特殊射撃、『タンク形態時』のメイン射撃「徹甲弾(AP弾)」を調整、及び『タンク形態時』のメイン射撃「ザクⅡ 呼出」を
『タンク形態時』『モビル形態時』の後サブ射撃へ変更
・アストレイブルーフレームセカンドLの特殊射撃関連、N特殊格闘、チャージ射撃、チャージ格闘、BD格闘の調整

(WIKIより引用:http://www4.atwiki.jp/arcgundamexvsfuvo/pages/191.html)

先月に引き続き、多くの機体に修正が入りました。
注目された機体の一部を下記に紹介します。

【エクストリームガンダム エクリプス-F】
極限状態は強いですが、ゲージが溜まるのが遅すぎて弱機体扱いでした。
というのも被弾で溜まるゲージ量が25%になっており、ゼノンの40%と比べると明らかに低かったからです。
(一応、攻撃を当てた時のゲージ増加量は25%でゼノンの20%に勝っています)
そのため、活躍できずゲージをためられなかった場合は進化形態で落とされ素体で復活・・・と言う状況が多かったです。

【ハンブラビ】
アシストのビームが30ダメ、補正-30%という驚異のダメ効率の悪さでした。
さらに変形中のサブ3連も当時は入らない、格闘のダメージや判定も今より悪いなどが重なり、「機動性はいいけど火力低すぎ」と言われ弱機体扱いでした。

【ウィングゼロカスタム】
耐久30減、アシストと飛翔のリロードが悪化しました。
(現在の家庭用EXVSFBの性能になりました)
今の家庭用の環境から考えると「別に弱体化いらないじゃん」と思うかもしれませんが、当時の環境的に羽は低コストを追いやすかったのが弱体化の原因と思われます。
実際、家庭用環境でも上手に使われると低コストは逃げるのが非常に厳しいです。
しかし、現在は火力の高い高コストが増え、羽が対高コストをさばきづらくなり低コストを追う余裕がなくなったのが羽の評価の低下の原因と思われます。

【ブルーフレーム】
元々、FB移行時に後格に接地判定が追加されていたため、「なかなか強いんじゃない?」と評判の機体でした。
修正がかかると発表された時も多くのプレイヤーの予想は「後格の接地が強いし、弱体化修正かなぁ・・・」と言った感じでした。
ところが蓋を開けてみると、主力となる特射の発生、BD格の誘導などが向上するというまさかの強化修正。
この修正には、多くの人が「修正前も強かったのに、こんなことしたら本当に壊れ機体になっちゃうよ・・・」と感じました。
その予想は後のスポラン大会などで現実のものとなります。
(後格の性能を家庭用FBと比べると、ブースト消費が飛び上がりのみでさらに接地硬直も少ない状態でした・・・)

【バンシィ】
永久NT-Dの耐久が240未満に引き下げられ、さらに主力となるサブの補正が大幅に悪化しました。
(BM追撃で100台後半ダメージを出せたのが、100台前半になるレベルまで悪化しました)
この修正により生状態の機動性の悪さが目立つようになり、さらに永久NT-Dの耐久の関係上しっかりと耐久調整しないと「永久NT-DになれたのにBRズンダ1発で沈んじゃう><」という状況が増えることになりました。
これにより、ようやく壊れ機体から強機体になったと言えます。

【まとめ】
この時の調整は青枠以外はおおむね妥当と言えます。
しかし、この後のアプデではその青枠が中心となり、3000コスト不要論が出てくるレベルで2500、2000が暴れまわることになります。
この話は、また次の機会に。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved