三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
覚醒の溜まり方について 実践編
※私がブロマガに書いたものと同一内容です

前回書いた覚醒の溜まり方についての知識だが、今回はそれを踏まえた上で注意することを述べます。

・1落ち後のコスト3000は覚醒が非常に溜まりやすい
1落ち後の時点で残りコスト補正によって覚醒ゲージ増加量が増えているため、「1落ち後の半覚をつぶした!」と思っても、最終的に覚醒が溜まる危険性が高い。
被ダメージだけでなく、攻撃を命中させたことによる覚醒ゲージ増加量も増えているため、
「相手の覚醒はもう溜まらないと思っていたのに、粘られて最後の覚醒を溜めさせてしまった」ということも多い。
くれぐれも相手の覚醒の溜まり具合を見誤らないように。
極端な例だが、1落ち後、覚醒中のストフリの体力を400まで削り、「勝った!ストフリはもう覚醒が溜まらん!」と思いがちだが、実はストフリが体力1で生き残るとしっかり覚醒が溜まる。
それぐらい3000が1回落ちた後の覚醒は溜まりやすいのである。
覚醒をつぶしたと思っても、最後はミリで生き残らせず、きっちりと倒しきれるコンボを選択したい。

・コスト1000を使っていると相手に覚醒を溜めさせやすい
前回書いた通り、与えたダメージによる覚醒ゲージ増加量は、割合ではなく、単純にダメージ量に依存する。
つまり合計体力を多く使えるコスト1000絡みのコンビの場合、相手に献上してしまう覚醒ゲージの量も大きいのである。
コスト1000は落ちて弾や覚醒を補充したいことも多い。
しかし、それは相手にも覚醒ゲージを溜めさせているということを覚えておこう。
上述した3000の1落ち後の覚醒の溜まりやすさもあるため、3000絡みを相手にする時には特に注意したい。

・3000はさっさと落ちて味方に覚醒ゲージをあげたいこともある
コスト3000が撃墜された場合に味方に入る覚醒ゲージの量はかなり大きく、目測だがシールド3回~4回分はある。
3000・2500コンビで、有利に試合を進めていると、相手側は「まだ相手の2500は覚醒が溜まっていないはず。ここはあえて3000を落とさず、2500を削り、3000同時落ちを狙う」と思うことが多い。
ここで3000側がきっちりと落ちてあげれば、2500側は体力調整もばっちり、
さらに3000が落ちた分の覚醒ゲージ増加も貰えて、体力200台での半覚が安定しやすい。
逆に3000が活躍しすぎ(つまり2500側は与ダメージによる覚醒ゲージ増加が貰えていない)でいつまでも撃墜されない場合だと、相手側の覚醒で2500が被弾→半覚を使えない体力にされる→結果的に半覚を逃げに使うことができず、味方3000と同時落ち→相手側にワンチャン来た\(^o^)/
となるのである。
こうならないためにも、2500側はきっちりと盾を駆使してゲージを溜めておこう。
また、相手側がワンチャンを狙って覚醒を2500側にぶつけることが多いのも注意しておこう。
3000側はそういったワンチャン狙い覚醒から2500を守ってあげ、2500側はワンチャン狙い覚醒から守ってもらえるよう、3000のそばを離れないようにしたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved