FC2ブログ
三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
SEED DESTINY 第45話 変革の序曲
ジブリールさん、今までご苦労様でした。
ミラージュコロイドが搭載されている戦艦のガーティー・ルーに搭乗しておきながら、
それを使わずに正々堂々と脱出する姿は漢の中の漢でした。(笑)

私はあなたの勇姿を忘れません。(3分ぐらい)

画面に映ってたかどうかは分かりませんが、ガーティー・ルーの艦長のイアン・リーさんもご苦労様です。
公式サイトでは「実直な軍人」と説明されていましたが、結局どの辺が実直なのか分かりませんでしたね。
…公式サイトで説明するぐらいなら台詞をもうちょっと用意してやれば良かったのに…。

まあ、ミネルバのクルー自体もほとんど台詞がありませんからねぇ。
せいぜいクルーで覚えているのは、メイリンを除くとヨウラン程度でしょうか?
整備スタッフは前作と比べるとかなり出番が少ないです。

さてさて、それでは本編の感想でも。

まずは我らが待ち望んだ(ヘタレ)量産型MSウィンダムは今回もやられていました。
ついでにザムザザーもやられていたし、デストロイも(以下省略)
まあ、ウィンダムとかはともかく、巨大ガンダムを量産して雑魚扱いにするのはどうなんでしょうね?
もうちょっと圧倒的な強さを描いて欲しかったと思います。
え?やっぱりそんな事を望んでも嫁脚本の前では無力ですか?

そんな訳で地球連合軍のMSは名前付きのパイロットも居ないので、
ビーム一発でボコボコ落とされていきます。
そして月面の基地と反射衛星を破壊してめでたしめでたし…と。
次回からの(残り5話ですが)デュランダル議長の動きが注目されます。

驚いたのはネオがアカツキに搭乗する事。
前作ではザフトの最新鋭機のプロヴィデンスに対し、
旧型のストライクだったので苦汁を飲まされましたが、
今回は無敵のビーム反射機能+ドラグーンシステムを搭載したアカツキに乗るのでかなり強そうです。
あ、そうだ。
敵の後ろからドラグーンでビームを撃つ
→回避されても自分の装甲でビームを反射=ビーム再利用オールレンジ攻撃って言うのはダメですか?

ルナマリアは死亡フラグを立てまくっていましたが、なんとか生還に成功しました。
しかし、まだまだ死なないと決まった訳ではありません。
と言うより、主要MSパイロットでは一番危険な気がする…。
果たして最後まで生き残れるのか?
…まあ、私としてはどっちでもいいんですけどね。(ボソ)

なんだか、現在のキラサイドの見解では、「デュランダルのプランは危険だ。」とされていますが、
そのプランの概要に達するまでにもう少し説明が欲しかったですね。
ノートの1ページから我らが迷探偵ラクス様がいきなり推理をしだした時は、「え!?」って感じでした。

ところで、ミーアさんは来週で退場ですか?
今の内に言っておきますが、とりあえず今までご苦労様でした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近、セネル・クーリッジがシン・アスカみたいに見える全国のテイルズファンの皆様は→こちらへ故郷が鎮魂歌で壊されてしまった全国のS-D皆様はさっそく感想に行こう、心配いらないさ決して悪いようにはしない・・・。
2005/08/28(日) 03:46:42 | CODY スピリッツ!
 プラントのコロニーでは市民がレクイエムの第二射を恐れて避難。かなりの混乱に。 宇宙に上がる準備をしつつ、何も出来ないのがもどかしい、などとキラがアスランと話しているのを見て、メイリンが何故かデュランダル議長を思い出す。またまた波紋を呼びそうな演出です。
2005/09/01(木) 01:27:46 | ガンダムSEED DESTINY 覚書
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved