三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
第43話 反撃の声
今回の話の見所は何と言っても取って付けた様な死に方をしたユウナです。
逃げ出した所にグフが落ちてくるって…(笑)

多分次回では、「危ない所だった。だが、9秒の時点で俺が時を止めた。
やれやれだぜ。」と言って復活すると思います。
セイラン家の末裔がとうとう止まった時の世界へ入門です。(大嘘)

そういえば、皆さんは気付いていましたか?
42話(前回)ウナトが居る部屋へ地中評価機動試験用グーンが乱入していた事を。
ジブリールの台詞から察するに、多分ウナトもそれが原因で死んでしまっているんでしょうね。
図らずも、これでカガリの政治に口出しする2人が一気に消えた事になります。

カガリが国に戻ってから、この政治的に対立する2人をどうするかと思いましたが、
そうですか、扱いに困ったらとりあえずMS戦に巻き込んで死亡ですか。
…これは酷すぎますね。(脚本が)

初登場時はまだ政治的にはまともな判断をする人だと思っていたのですが…
(あの判断とは、大西洋連邦の条約へ加盟した事です。)
結局政治的にも無能で、あの判断も別にオーブの事を思ってやった訳ではないんでしょうね。
(ザフト軍がオーブ近海へ接近している時の対応から察するに。)

結局これで「政治的に対立していた2人は死んだ!
やはりカガリが正しいぜ!イヤッホウ!」って事になってしまいました。

さて、種デスを50話で完結とすると、後7話です。
こんな状況で全ての伏線を回収して完結させる事が出来るのでしょうか?
(そういえば議長の真の目的も明らかになっていませんからね。
一応本編を見ているとある程度予想は付くのですが。)

ところで、連合の新型マダー?
結局セカンドステージのMSを奪っても、その技術を利用したMSは出ないんですかー?

ああ、そうそう。
そういえばタリア艦長が「水中に潜られたらこちらは攻撃できないわ」みたいな台詞を言っていましたが、
実はミネルバにはしっかりと魚雷が付いているんですよね。
「魚雷 ウォルフラムM25」ってヤツが。
脚本の人、しっかりと設定は知っておきましょうね。

種デスの話はところどころ設定が崩壊している部分があります。
やはりアストレイなどの外伝スタッフとの連携が上手く取れていないのでしょうか?

最たる例として、セイラン家の五大氏族の設定があります。
実はアストレイ(SEEDの外伝)にて、ロンド・ギナ・サハクと言うキャラが、
「我が養父、コトー・サハクも死に、残る五大氏族は私とカガリ・ユラ・アスハだけだ。」との言っているんです。

つまりセイラン家は五大氏族ではないはずです。
その事が知られると、後付け設定として、「戦後新たな五大氏族となった。」と言う設定が不可されましたが、
それだと、カガリとユウナは小さい頃からの婚約者と言う設定に若干無理が生じてしまいます。
その当時は身分が違いますからね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近、ジェットストリームアタックを再現したくてドムを3体買ってしまった全国のS-Dファンの皆様!さっそく感想に行くしかないじゃないか!
2005/08/14(日) 17:02:17 | CODY スピリッツ!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved