三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
機動戦士ガンダム00 第3話 「変わる世界」
・あらすじ
紛争地帯で戦う兵士たちを敵味方関係なく殲滅した悪の組織ソレスタルビーイング。
そんなソレスタルビーイングのパイロット刹那にやたらとキザなパイロット、グラハムが襲いかかる。
その結果、今年の冬コミの旬は刹那×グラハムとなる予定である。

さて、威勢よくしかけたグラハムでしたが、やっぱりユニオンフラッグでは限界があるのか、
ライフルを破壊されたので早々に退却しました。

とりあえず印象に残るのはフラッグの活躍ではなく、グラハムの無駄にキザな台詞でしょうか。
が、どうにも「精一杯頑張って格好いい言い回しを考えました」感が抜けません。

さて、その後デュナメスは鉱山採掘権を発端とした紛争へ介入、
キュリオスは麻薬栽培地域への爆撃、エクシアは人革連の基地への攻撃を開始します。

ロックオン「あ~あ、なんかやなんだよね。こういうの。
弱いものいじめみたいでさぁ。さっさと撤退しろっての。」
うん、弱いものいじめだね。
でも、砲撃をそらして撤退を促しているのはまだ好感が持てると思うよ。

キュリオスは麻薬栽培地域へ爆撃をかけて麻薬を焼き払いましたが、
普通、麻薬を栽培している地域と言うのは経済レベルが物凄く低く、
麻薬以外に収入源がない(=ないと餓死)なレベルなので、
多分焼き払っても経済的な原因を払拭しないと栽培は終わらないでしょう。
この辺も後で描写してくれるのかな?(多分無理)

エクシアに対して人革連の偉い人が挑む。
結局負けましたが、存在感とパイロットとしての強さは見せてくれました。
たしかティエレンって旧型ですよね?この人が新型機に乗ったらどうなるのか楽しみです。

そして、終盤。なんとテロ組織の一つリアルIRAがテロ活動を休止するようです。
……………なんで?
いくらなんでも400年も続いてきた紛争が介入1回で終わるとは思えませんが…。
結局紛争の原因そのものが取り除かれたかどうかもあやふやだし。

まだ始まってから3話。ちょっと早すぎな気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム00 (1)ソレスタルビーイングの出現により、世界は否応なく変革を迫られていた・・・。そして、再びガンダムによる紛争への武力介入が始まる・・・。
2007/10/21(日) 16:36:54 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved