三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
ストライクノワールを使ってみました
先日、連ザ2を再びプレイしに行ってきました。
前回は人が多く対戦の流れだったので、今回はゲーセン開店直後にプレイ。
ストライクノワールが解禁されていたので、弟と2人で使ってみましたが、ステージ6でやられました。
前回よりも大分操作に慣れてきたと言った感じですが、まだまだサブ射撃を使おうとすると格闘が暴発してしまいます(汗)。
ではストライクノワールを使ってみた感想を。

・メイン射撃(M8F-SB1 ビームライフルショーティー)
弾数は80発。1回の射撃で両手に持っているビームライフルショーティーから1発ずつ(合計2発)ビームを撃つ。
ボタン連打で最大3回連続で撃つ事が可能。ちなみに、ビームが4発当たると相手がよろける。
カラミティのケーファー・ツヴァイよりは使いやすい感じだが、
一発のダメージが低く、よろけさせるには3発当てる必要があるので、これには頼らない方が良い。
攻撃のアクセントとしてばら撒く感じで使うと良さげかも。
ちなみに、いたるところでこのビームライフルショーティーを手でクルクル回しているエフェクトが入る。
特筆すべきはその弾数の多さ。
特殊射撃と弾数を共用しているが、弾切れになる頃には大抵覚醒が可能。

・チャージショット(ビームライフルショーティー連射)
両手に持っているビームライフルショーティーから8発ずつビームを放つ。
つまりは16発のビームが敵に向かって飛んでいく。
かなりの量のビームが飛んでいくので爽快ではあるのだが、
その分ビームを発射している時間が長く、隙をさらしやすい。
格闘をしかける際の保険程度に考えた方が良いだろう。

・マルチチャージショット(ビームライフルショーティー連射)
両手に持っているビームライフルショーティーから8発ずつビームを放つ。
チャージショットとの違いは、右と左でそれぞれ別の敵を狙うと言う点。
やはり爽快ではあるものの、攻撃時間が長く、迂闊に使うと手痛い反撃を受ける。
こちらも格闘をしかける際の保険にすべきか?

・サブ射撃(MAU-M3E4 2連装リニアガン)
ノワールストライカーのウィング内側に装備されたリニアガンを発射する。
弾数は6発で1回につき2発消費するので実質3発撃てる。
感覚としてはフリーダムのサブ射撃の発生速度、弾速が上がり、発射後の隙が少なくなった感じ。
強力な特殊射撃の影に隠れがちだが、非常に優秀な性能を誇る。使わないのは損。
特殊射撃だけでは動きを見切られるので、こちらも使いこなせるようにしたい。
使おうとして格闘が暴発しないように注意。
ビームライフルショーティーの弾が切れている場合の補助にも活躍する。

・特殊射撃(回転しながらビームライフルショーティー連射)
回転をしながら8発のビームを発射する。
特筆すべきはレバーを横に入れながらの特殊射撃。
横に回転しながら敵に向かってビームを撃つため、攻防一体の武器となる。
異常なまでの使いやすさを誇り、CPU戦であろうが、対人戦であろうが、かなり当てやすい。
対人戦では今後の対策から見切られる可能性もあるが、それでも十分に強力だろう。
ノワールVSノワールの場合、こちらが特殊射撃を先出しすると、
大抵相手の特殊射撃でカウンターを受けてしまうので注意。

・格闘(MR-Q10 フラガラッハ3ビームブレイド)
ノワールを使った際はほとんど射撃しか使わなかったので、よく分かりません。
特殊射撃を中心に、サブ射撃等を織り交ぜて戦っていく機体だと感じました。
ちなみに、アンカーランチャーは省かれている。残念。

連ザ2WIKIと書いていることが似ているのは気のせいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved