三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
第40話 黄金の意志
アスラン「今のオーブを見るカガリの目には、
確かに代々受け継がれてきたアスハ家の黄金の意志があるっ!!」

と言う訳で今回はカガリの専用機「アカツキ」が初登場です。
左肩に「暁」とマーキングされていたり、金色の機体色はビームコーティングの役割を果たす等、
各所にΖガンダムに登場した百式を思わせる設定が見受けられます。
受け渡しのシーンはまるでRPGの伝説の武器を受け取るシーンの様でした(笑)

それにしてもウズミが遺したMSと言うのはちょっと強引過ぎるような…
それだったら「前作のオーブ防衛戦に出せ」と思ってしまいます。
一応解釈としてはウズミの遺言を聞いて戦後密かに作成されたと取る事が出来ますが。

戦闘能力としては最新鋭機と言う訳ではないですが、
バビの胸ビームを余裕で弾くなどかなり高い防御性能が見受けられます。

それにしてもカガリはキラの様に不殺ではないんですよね、
国を焼く人間に対しては手加減しません。
と言ってもキラの不殺の覚悟もどうも安っぽく思える私にとっては、
別に不殺でなくても(むしろその方が)いいのですが。

キラは前作の最終決戦では戦艦を一刀両断している事から、どうもこのキャラの不殺は微妙です。
何と言ったらいいのか、
自分の経験に基づいた(例えば戦場で多くの人の死を見たなど)覚悟から不殺が来ているのではなく、
「殺したら後味悪いからとりあえずダルマにしておくか」という感じで行動している印象を受けます。
アッシュのパイロットが次々と自爆して行く様を見ても大して反応してませんでしたし。

さてさて、今回の見所はなんと言っても指揮権を剥奪された瞬間に部下からタコ殴りに遭うユウナです。

一応、地球連合の条約に加盟するのは確かに間違った判断とは言い難いですし、
それによって地球連合から攻撃を加えられる可能性はほぼなくなったと考えられます。

この点からウナトやユウナの政治的選択もアリだとは思われます。
しかし、ユウナは指揮官として戦場に出た場合は無能で、
結局トダカ一佐が亡くなったのも意に介して無いようです。
登場する度に器量が疑われる言動を繰り返すので、
結局「ウナトやユウナは馬鹿だ。カガリの方がマシだな。」
と言う印象を視聴者に与えてしまいます。
私的にはユウナはもう少ししっかりとした人物で、
視聴者に「こう言う考えもある、」と思わせるキャラの方が良かったのですがね。

いずれにしても、選択こそ間違えたとは言い難かったものの、
キャラクターの人格が最悪だったため視聴者から嫌われた可愛そうなキャラです。

あ、けどジブリールを匿ったのは政治的に完全に失敗ですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近、2分で25機のザクやグフを撃墜した全国のS-Dファンの皆様!先週の土日はストライクフリーダムやら響鬼紅やら最強なのが色々と出てきましたけど、本当の最強はマイメロの確信犯的な天然が最強だと思いますってことで感想に入ります。
2005/07/24(日) 23:28:47 | CODY スピリッツ!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved