三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
【ガンダムVERSUS】現在の注目機体
ガンダムVERSUSの現在の注目機体について書こうと思います。
その前に製品版のブーストダイブの感想を。

【ブーストダイブが環境に与えた影響】
今作の目玉システム、ブーストダイブですが製品版は体験版よりも硬直が減りました。
敵機と向き合っている時に使っても有効に働いて着地をごまかせることが多いです。
そのため、近接が得意な機体は近づきやすくなり環境にマッチしていると言えるでしょう。
また、機動性は悪いが強力な武装を持つ機体も着地をごまかしやすくなり、
なおかつ自機は強力な武装でダイブを取れるため環境にマッチしていると言えます。
反面、BRを中心とした万能機に近い形の機体は中距離でBRがヒットしづらくなり、
なおかつ近接は特化機と比べると物足りないため、環境にあっていないと感じました。

【500コストの注目機体】
[対戦するときの有力候補]
●ホットスクランブルガンダム
アプデにより後サブが弱体化したものの、まだまだその強さは健在と思われます。
BD格とダイブを絡めた強引な接近からのセットプレイ、
中距離で見合っている時の横サブ引っかけ等により、様々な距離で働けます。
変形中の武装も強力で、練習のし甲斐のある機体と思います。

●クロスボーンガンダムX1フルクロス
元々MBONでも評価が高いですが、今作でもその強さは健在です。
特にダイブにより、生状態を凌ぎやすいのが大きいです。
B覚醒と両開放の相性は抜群で、短い時間で300以上のダメージを狙えます。

[上記よりは数が少ないですが、注目している機体]
●ターンAガンダム
この機体もブーストダイブとの相性が抜群に良いと思います。
元々働き辛かった中距離をダイブでしのぎ、近距離に寄るのが簡単になっています。
近距離ではダイブとハンマーを絡めた回避と攻撃を両立した動きが強力です。
耐久が680と500帯の中では低めで、ハンマーのみではダメ負けするのが弱点でしょうか。
普段はハンマーで地道にダメージを稼ぎ、チャンス時にハンマーズンダや
格闘コンボで一気に持っていく機体だと思います。

●ガンダムエピオン
こちらもダイブとの相性が良いです。
ダイブにより近接に近づきやすく、近づいてしまえば後はエピオンの独壇場です。
ステージが拡大したため、相手に逃げられやすくなったことは留意すべきですが、
総じて非常に高いスペックを持つと思います。

【400コストの注目機体】
[対戦するときの有力候補]
●ガンダム試作3号機
ダイブにより中距離の着地に攻撃を引っかけるのが難しくなった環境ですが、
元々サブは「面制圧」で当てる武装なのでこの環境でも輝けます。
また、CSのチャージ時間が地味に短くなっており弾切れをカバーしやすくなっています。
特射の照射ビームも相変わらず強力で、スペックの高い援護機だと思います。

●ジオング
アプデによる弱体化は入りましたが、それでも後サブの引っかけは強力です。
今作ではメインの誘導が向上したこともあり、総じて攻撃面はMBONよりも向上しています。
逆に機動性や前格の性能が悪化し、復活もないため防御面はMBONよりも弱体化しています。
性能はかなり高いですが、少々クセのある機体と言えるでしょう。

●クロスボーンガンダムX1改
横ムチとダイブの相性が非常に良いです。
今までは「横ムチを外す=ブースト負けほぼ確定」だったのに対し、
今作では横ムチからダイブに移ることにより外れた時のケアが非常にやりやすいです。
ダイブにより接近戦に持ち込みやすくなったことも相まってかなり強力な機体になりました。

[上記よりは数が少ないですが、注目している機体]
●クロスボーンガンダムX3
特射からの特射派生が非常に強力です。
元々「強引に差し込む格闘武装」が欠けていましたが、その欠点が改善されました。

●ゴトラタン
メイン以外の後格へのキャンセルルートがなくなりましたが、
相変わらず後格を使っての距離詰めと照射による事故狙いは強力です。

【300コストの注目機体】
[対戦するときの有力候補]
今は300コストが環境的に厳しいため、これといった有力候補はありません。
ただし、一芸に秀でた機体はいるため注目している機体はあります。

[数は少ないですが、注目している機体]
●Gアルケイン
狙撃が別枠武装になり、弾切れに悩まされることが少なくなりました。
また、狙撃はダイブ環境でも十分着地を取れることも利点です。

●ギャン
CSが弾速、誘導に優れておりギャンから逃げる相手の着地に刺さりやすいです。
ダイブとの相性の良好で、シールドを展開しての後格ダイブは安定して距離を詰められます。
攻撃中はシールド判定がなくなりますが、ダイブは攻撃動作ではないため、
シールド判定を保ったまま安全に落下できるのが強みです。

●グフ・カスタム
コストアップにより、ワイヤーの弾数が3になりガトシが強よろけになりました。
元々の環境でも中距離の着地が取れなかったので、ダイブによるデメリットの影響は少なく、
逆にワイヤー移動をダイブしてのかく乱がやりやすくなっています。

●ガンダムヴァーチェ
特射の照射ビームが非常に強力で、現在の環境でも十分狙っていけます。
ヴァーチェ状態では自衛力が乏しいので狙われたらどうしようもない・・・
と思われがちですが、ダイブによりある程度安全な着地ができる本作では、
ヴァーチェのような機体でも「時間稼ぎはできる」ためこれが非常に大きいです。
1対1の場合でも低空ステダイブで時間を稼ぎ、フィールドが溜まったらそれも使って・・・
とやっていると意外とヴァーチェ形態を維持しやすいです。

●ガンダムヘビーアームズ
あまりにも使い手が少ないため正確な判断はできませんが、
特射が射撃防御付きの接近技になり使いやすくなった上に、
ダイブでの接近&ガトリングでのダイブ狩りが可能なため強いのではないかと思います。

●ガンダムデスサイズヘル
CS、サブの双方が優秀な誘導性やあたり判定を持ち、牽制合戦にも付き合いやすいです。
格闘コンボも単発高火力の特格などを混ぜることで素早く終わらせやすいです。
ジャマーにより高コストの覚醒を凌ぎやすいのもポイント。
ステダイブで誘導落下が簡単に行える現環境では、CSやサブはやや対処されやすいですが、
逆に言うと環境がやや逆風なだけで、性能自体は十分とも言えます。

【200コストの注目機体】
[対戦するときの有力候補]
今は200コストが環境的に厳しいため、これといった有力候補はありません。
ただ、EXVS時代のザクドルブ、FB時代のジ・O環八、
MB時代の赤龍ライジングなどを思い出すと、低コストは辛い方が平和なのかもしれません。

[数は少ないですが、注目している機体]
●ジム・カスタム
アプデにより弱体化はされましたが、それでも特射は強力でまだ十分狙えます。
低コストにありがちな「敵機に触れずに負ける」ことが少ないのが強さの秘訣でしょうか。
現在でも高火力ストライカーにつなげれば200前後のダメージは出せるため、
ダメージ負けもしづらいです。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved