三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
【雑記】初代EXVSの称号システムについて
今回は対戦のテクニックではなく、初代EXVSの称号システムについて書きたいと思います。

お馴染み称号システムですが、実は初代EXVSでは少し仕様が異なる部分がありました。
当時はまだ開発側もどのようにすればいいかが分かっていなかったようで、
その仕様には少々問題点がありました。
単なる昔話ですが、せっかくですので紹介しておきます。

【初代EXVSの称号解放の仕様】
●称号の解放に参照されるのは「最新100戦の戦績」のみ
●称号は自動解放でなく、連動サイトにて「解放の確認」を行う必要がある
→「最新100戦」が対象のため後述する条件と合わさり、
称号解放を狙うには実質的に選択機体が制限されてしまっていました。

【主な称号解放条件】
●「○○を使って20回~50回勝利」(該当機体多数)
→称号解放の中では最も緩い条件と言えますが、「50回勝利」となれば
前述の「最新100戦」条件も合わさり機体一択でも5割以上の勝率が必要となります。
そのため、初心者にはかなり厳しい条件でした。

●「○○を使って撃墜されずに20勝」(00,クアンタ,マスター,ニュー,サザビー,Ζ,F91)
→「撃破されても、コストを消費して復帰できる」ゲームにおいて、
「撃墜されずに勝利」は非常に厳しい条件です。
まっとうに獲得するのであれば、Ζで3000機体を援護し慎重に立ち回るくらいでしょうか。

●「○○を使って20連勝」(ユニコーン,試作2号機,ゴッド,初代)
→恐らく一番困難な称号獲得条件です。
アーケードには連勝補正があるため、10連勝もすれば被ダメージ2割増加、
与ダメージ2割減少程度の補正がかかってきます。
それらの補正を乗り越えながら20連勝はとてもまともな手段では…
また、当時はネット対戦もありませんので、
「そんなに連勝している人の対面にわざわざ入るひとがいるのか?」という問題もあります。
さらに、該当機体の中では試作2号機は非常に勝つのが難しい性能でしたので、
正直、獲得するのであれば貸し切りで自演するしかないと思います…

上記の通り、当時の称号システムは解放条件が非常に厳しいものでした。
FB以降は最新100戦の縛りもなくなり、
また熟練度など「勝利に関係しない」部分の条件が増えました。
対戦ゲームは誰もが勝てる訳ではないので、ある意味変更は当然と言ったところでしょうか。

では、今回はこの辺で。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved