三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
200812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200902
100万ヒット
当サイトでは一番右下に地味~にカウンタが設置してあるのですが、
先日、とうとう100万ヒットを達成しました。

開設した当初はここまで長続きするとは、ここまで人が訪れて下さるとは思いませんでした。

ちなみに、私は偶然にも100万1ヒットを踏んでしまいました。

1000001.png

本当に偶然だったのですが、管理人自らが100万ヒットを踏むことにはならず、よかったと思います。

ちなみに、特にキリ盤などは設けておりませんが、100万ヒットを踏んだ人、(気付いていたら)おめでとうございます。
※まあ、当サイトのカウンタは更新ボタンを押すとカウントが増えるタイプなんで、
キリ盤は意味があんまりないんですよね…。
スポンサーサイト
428を買ってきた
そう言えば日記には書いていませんでしたが、1週間程前に428を購入しました。

で、まあプレイしてみたのですが、やはり前評判通り面白かったです。
とは言えども、まだクリアした訳ではなく、プレイ時間は6時間程です。

確かに面白いと思うのですが、無理に時間を割いてプレイしたくなるほど続きが気になるという訳でもないですね。(今のところ)

それにしても用語集は中々面白く作られていたと思います。
個人的にツボだったのは、「必ず痩せる」と言う言葉の説明が「誇大広告」としか説明されていなかったことですかね。

それにしても、最近のゲームのプレイ時間の減少を考えると、歳をとったなぁと思ってしまいます。
機動戦士ガンダム00 2nd 第16話「悲劇への序曲」 感想
さて、前回は00ガンダムとマスラオが対峙したところで終わってしまいましたが、今回の話でMSの戦闘シーンがあったのは最後の方だけでした。

やはりというかなんというか、マスラオにはトランザムもどきが搭載されていました。
ところで、マスラオの武装ってビームサーベル2本だけしかないのでしょうか?
設定を見ていないのでなんとも言えませんが、Mrブシドーのぶっとび振りを見ていると武装がビームサーベルのみってこともあるかも…。

反乱を起こしたハーキュリーさんですが、アロウズの情報統制によって、反乱軍側が市民を虐殺しているということにされてしまいます。
そりゃあまあ、連邦政府が自分たちに都合の悪いことを馬鹿正直に報道するはずがありませんよね。

そして次回はメメントモリ発射の予感。
ここまでの流れなら、本当に市民6万と軌道エレベータを巻き込んで発射しそうだなぁ…。

今回はガンダムの活躍が少なかったので、次回に期待します。

あと、セルゲイさんとハーキュリーさんには微妙に死亡フラグがたってしまってので、見事にそれを乗り越えて欲しいと思います。
機動戦士ガンダム00 2nd 第15話「反抗の凱歌」 感想
・今週のコーラサワー
出撃することなく、艦に残ることに。
まあ、下手に活躍されて死亡フラグが立っても困るんですが、
本格的にMSパイロットという本来の役目から離れつつあるような気がする。
小熊さんからも相手にされなかったし…。
ちなみに、コーラサワーの設定年齢は何気に28歳。
設定から考えるともう少し落ち着いていてもおかしくないのですが…。
と言うか、アレで28歳はないだろうアレで。

・今週の乙女座
とうとうマスラオにもトランザムもどきが搭載。
次週は当然戦いになりそうですが、負傷した刹那は少々不利になりそうですね。

・新登場のMA
あれ?撤退する前に他の機体を使ってガンダムに集中攻撃をしかけていれば勝てたんじゃね?

・相変わらず出番がないGNアーチャー
今週こそ出番があるかと思いきや出番ナッシング。
早く活躍させて欲しいです。

・いきなりクーデター発生
てっきりもっと後の話でクーデターが起こると思ったのに、いきなり今回の話でクーデターが起こりました。
うーん、どうなることやら。また次回が楽しみです。
今更ですがスパロボKについて
話は水曜日にさかのぼりますが、スーパーロボット大戦Kが発表されました。
機種はDS、発売日は4月2日だそうです。

・参戦作品
マジンガーZ
破邪大星ダンガイオー
オーバーマンキングゲイナー
電脳戦機バーチャロン マーズ
神魂合体ゴーダンナー!!
神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON
機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
蒼穹のファフナー
ガイキングLEGEND OF DAIKU-MARYU
鋼鉄神ジーグ
機獣創世記ゾイドジェネシス
ガン×ソード

…とまあこのように、今までのスパロボと比較しても類をみないほどの新鮮な参戦作品となっています。
ほとんどの参戦作品が初参戦、あるいは2回目の参戦となっています。
もっとも、残念ながら私はSEEDシリーズくらいしか原作を知りませんが、
その分新鮮な気持ちでプレイできそうです。
でも、ゾイドは私が知っている作品(主人公がバンの作品)の方が良かったなぁ…。
元々ゾイドはあまりよく知っている作品ではありませんが、
前述した作品のみたまにTVで見ていたのでそれが参戦しないのは残念です。

それにしても…スターゲイザーはどうするんだろう?
あれ、原作がたったの45分しかないからキャラクターの掘り下げが全然できていないんですよね。
まあ、その分、スパロボの脚本の解釈の仕方に注目したいです。
アップロードされている画像を見ると、SEEDは原作終了後で、時代は種デスから始まるようです。
…これは、スタッフがストライクVSストライクノワールをやりたいがためにSEEDを参戦させたように思えます。
まあ、やってくれるととてもうれしいんですけど。
そして、45分と言う制約のためにあまりにも悲惨な活躍ぶりのブルデュエルとヴェルデバスターに愛の手を(苦笑)。
大丈夫!スパロボ補正で、どんな作品も面白そうに見えるさ!
5周年
今日でサイトを立ち上げてから5周年が経過しました。

まさかこんなにも長く続けることになるとは思ってもいませんでした。

ここまでサイトの管理を続けてこられたのも訪れてくれている皆さんのおかげです。
ありがとうございます。

う~ん、でもサイトの目的は、
「シレンの完全新作の攻略を発売からすぐに、掲示板で他の方と情報交換しつつやってみたい」
というものがあったので、その目的は未だに果たせていませんね。
(え?シレン3?なんのことですか。
まだシレンの完全新作は、あの頃から発売していませんよ。
まったく、チュンソフトったらいつまで我々を待たせる気なんでしょうかね。)

と言う訳で当初の目的を今度こそ果たせるように、
また頑張ってサイト運営を続けていこうと思います。
(年月が経ち、少々更新にまわせる時間が減りましたが)
機動戦士ガンダム00 2nd 第14話「歌が聴こえる」 感想
さて、前回の最後に登場した謎のおっちゃんは連邦軍内でクーデターをもくろんでいるようです。
これはセルゲイさん味方フラグが立ったと見ていいでしょうか?

また、プトレマイオスはいつの間にか地球に降下していました。
プトレマイオスを襲っていたMAが結構気になるのですが、本編中で詳しい描写はなし。

そしてソレスタはイノベイターと交戦。
ああ…やっとハレルヤに出番が巡ってきた。
でも活躍としては少々微妙でしたが。
うーん、本当にマリー救出以後は存在意義が薄いなぁ…
カワイソス(´・ω・)

でもってついにセラヴィーの中の人が出現。
ガラッゾを羽交い絞めにした後、後部のガンダムフェイスが変形して出てくるというビックリな展開。
まあ、トライアルシステムが使えない今、
戦闘力を持ったセラヴィーの脱出ユニットと考えてもいいのでしょうか?
ガラッゾのパイロットは(多分)死亡。
まあ、影が薄かったし、「実は生き残っていました」となっても盛り上がるキャラでもありませんので、多分死んだのでしょうね。
これでもう置鮎ボイスを聞くことはないでしょう。

一方刹那はアリーのおっさんと交戦。
最初は押されていましたが、ダブルオーの性能もあって徐々に相手を追い詰めます。
そしてとどめと言うところでマリナたちの歌が邪魔を(笑)。

でもこの展開を見て、本当に最終回辺りで、
「GN粒子を通して世界中の人々の想いを伝えるんだ」みたいな展開になりそうな気がした。
まさか…ね。
と言う訳でDS2のワナ道をチャレンジしてみた訳ですが
今回の挑戦は天下一ワナ道会の42階でアイテム、ワナをほぼ使い切って死亡。

感じたことは…

・無理に回転板を使って同士討ちした敵から経験値を稼ぐ必要はない。
ちなみに今回の冒険ではダギャダギャンを作成することに一応成功した。
が、どうせ亡霊武者を利用すれば敵のレベルを上げることができる。
とおせんりゅうをドラゴンヘッドにするか、悪魔だんしゃくを悪魔ぼうくんにするのがオススメ。

・飛行系の敵はやはり地雷の爆風に巻き込んで倒すしかないか…。
GB2と違って矢を補充する手段がないのでかなり厳しい。

・今作では敵が鈍足状態になっても一定ターン経つと自然回復する。
そのため、鈍足のワナを通路にしかけても効果は薄い。

・コドモ戦車が強すぎる。倍速移動で追ってくるし一撃で50ダメージを叩き出す。

・レベルを十分にあげておけば、サビのワナが非常に使える。
レベル30台後半でも敵の防御力を0にできれば60以上のダメージを与えられる。

といったところでしょうか。
連鎖システムのおかげで経験値が稼ぎやすいですが、やはり30階台以降が厳しいです。
久々に連ザをプレイした
今日は久々に連ザをプレイしました。
プレイする時には基本的に野良でやっているのですが、今回は援軍してくれた人と意気投合。
楽しくプレイすることができました。

さて、久々にストフリを使ってみたのですが、これでコスト280がもう少し強ければ、
このゲームは超高コストゲーになっていたのかなと思いました。

BD格闘が面白いように当たる当たる。
スピード覚醒からもBD格闘から安定して高ダメージを取れますし、
通常時は待機ドラグーンからの連続攻撃で確実にダメージを取ることができます。

元々、野良でプレイしているという都合上、コスト590を使うことはほとんどなく、
またストフリを使ってもBD格闘の強さを体感していなかったので、今回の経験は新鮮でした。

援軍してくれた人はジンワスプを使っていましたが、これの組み合わせが中々イケます。
うまく立ち回ればワスプが2回覚醒も可能ですし、
何よりワスプは威力がショボイながらも格闘コンボを使えるのもポイント。
ストフリの2回覚醒と相まって、強引に押し切ることもできます。

それにしても稼働から2年半が経つのに未だに2on2ができるこのゲームは凄いと思います。
頼むから、ガンダムVS.ガンダムもNEXTではこうなって欲しい………。
そうだ、ネタがないからこれを書こう
突然なのですが、私はゲーム関連の話題だと、
「○○の歴史」みたいな文章を読むのが好きだったりします。

まあ、いわゆるゲームのキャラの強さを語る時に、
「1では強かったが2では弱体化、3では調整が再び入りそれなりの強さになった」
というように書いている文章ですね。

自サイトの用語集でも、各用語に対してそれぞれの作品での扱いが書かれているのはこれが原因です。

と言う訳で、最近思いついたガンダムVS.ガンダムでのガンダムヴァサーゴの歴史を。

・ガンダムヴァサーゴの歴史

初代ロケテ時(2007年10月辺り)
この当時はそこそこの機動性、クセがあるものの強力な射撃と格闘によってコスト2000の強機体と認識されていた。
ロケテプレイヤーのレポートを見る限り、
この機体はロケテ時と本稼働時との性能がほとんど変わっていないような気がする。

先行稼働時(2008年3月辺り)
まだゲームに慣れていないプレイヤーが多いこともあって、
機体評価は定まっておらず、とりあえずはコスト2000の良機体として扱われる。
何気に中距離での着地取りは、発生早+隙少のアシストからの射撃でたたみかけることができるので、非常に強かったりする。

本格稼働時(2008年4月辺り)
この頃から、自由、MF、グフカス、02、Ζ辺りのヤバさが本格的に認識される。
一方、この機体はブーストダッシュの発生の遅さ、変形の隙の多さ、各種硬直の大きさから徐々に弱点がはっきりとしてくる。
結局、中距離での射撃戦ではかなりの存在感を発揮できるが、
片追いには非常に弱い援護機的ポジションに落ち着く。
7強以外に対しては立ち回り次第で互角以上に戦えるが、
流石に7強の相手は辛いといったところ。
ただし、職人のヴァサーゴであれば不慣れな7強であれば完封できる可能性を秘めている。

NEXTロケテ時(2008年9月~10月)
あらゆる硬直をキャンセルできるNDシステム、
ステップ時の硬直の増加によるBDの地位の上昇などの変更がヴァサーゴに有利に働く。
元々硬直が大きいことが弱点であり、なおかつ高誘導の特格を持っているためである。
特にサブ射撃の範囲が広くひっかけやすいため、
サブ射NDサブ射とやられるとかなりかわしにくい攻撃となった。
地味にアシストのグラフィックがドートレスに変更され、
回数が4回に減らされるなどの修正を受けている。
基本的な使い勝手は変わっていないが。
現在、NEXTにおける強機体候補なので修正が期待される。
明けましておめでとうございます
さて、2008年を忙しく過ごした結果、すぐに2009年になってしまいました。
他の方がやっているのにならい、私も今年の目標(主に趣味方面)で打ち立てたいと思います。
リアル生活方面の目標はまあ色々とあり過ぎるので省略。

1.シレンDS2の攻略記事を完成させる
2.上記のために天下一ワナ道会99回到達を目指す
3.ガンダムVS.ガンダムNEXTで固定相方を探す(いないと大会にも出れないよ…)

さて、これだけではなんですので気になったスレを一つ。

スパロボ厨が勘違いしていること

このスレ定期的に立つNE!(^ω^ ヽ

ただ、最近のスパロボの図鑑はかなり詳しく書かれているので、
図鑑を見ている人はキャラの原作での生死を勘違いしている人は少ないと思います。

一応、スレの内容を補足しておきますが、FAZZはガンダムセンチネルに出てくる機体です。
外見はフルアーマーZZに似ていますが、頭部のハイメガキャノンはダミーで、
代わりに手持ち火器のハイパーメガカノンを装備しています。
ちなみに、「ファッツダブルゼータ」と読みます。
…実はこれ、「スパロボα外伝を一生楽しむ本」で解説されていたことなんですけどね。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved