三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
200805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200807
復帰しました
どうも、長い間更新ができず申し訳ないです。
やっとこちらの方が一段落ついたので、更新を再開しようと思います。

シレン3の評価
まあ妥当なところか。

評価点の分布図に見事に山が2つできているのが面白いところ。
もう少しすれば得点の分布も落ち着くのだろうか。
スポンサーサイト
近況報告
どうも、お久しぶりです。

実は現在少々忙しい時期に突入してしまっているので、残念ながらサイトの更新がまばらとなりそうです。
せめて掲示板に提供していただいた情報の掲載だけでも…と思っているのですが、中々時間が取れません。

7月になったら更新に時間をさけると思います。
それでは。

ちなみに…シレン3も忙しくてあまりプレイできていません。
ストーリーモードをクリアしてから進めるのを止めてしまっています。
なんと言えばいいのか
私が最近ブログを書かなかったのは書いても不満ばっかりになってしまうし、
最低でもストーリーをクリアしてから書こうと思っていて今まで感想は引き伸ばしてきました。
と言うわけでシレン3をエンディングまでクリアした訳ですが…。

がっかりしたと言わざるをえない。
以下、細かい不満点などを。
なお、他の方のブログなどで散々言われていることも改めて書いているが、
その辺は気にしないで頂きたい。

・ストーリーをメインにするためにゲームシステムを変更したかのような出来
今回はシレン、アスカ、センセーの3人でストーリーを進めていきますが、
そのストーリーのためだけに今回のような不十分な仲間システムを導入したかのように思える。

初心者にも楽しんでもらえるような配慮を~みたいなことをインタビューで散々聞いたが、
そもそも初心者の方が仲間を上手く利用&守りつつダンジョンを突破するのは至難の技。
大体、仲間を連れ歩くことが基本なのに、ケンゴウを登場させたり、
そっくりダケによるキグニ化は酷すぎるだろう。

だったら死なないように復活の草を竜脈で大量生産できるようにしてしまえ!
(復活の草で復活してもケンゴウの盾弾き→盾ロストで終了)
ついでに仲間の操作を途中で切りかえれるようにしてしまえ!(めんどくさい)
さらに倒れてもアイテムがなくならないイージーモードがあればいいんじゃね?(いや、それは違うだろう)
みたいに短絡的にバランス調整を行ったように思えてならない。

・序盤で手に入る装備品の種類が少ない
特殊能力付の装備品が手に入るのはストーリー終盤に入ってから。
ワクワクして装備品を拾ってもこんぼう、木甲の盾、百鬼の剣、百鬼の盾、長巻、ばん族の盾、
などなど、ダンジョンが進むごとに単純に能力値が増えただけの装備品が沢山。
正直、全然嬉しくない。
シレン2なんかでは最初から妖刀かまいたちも拾えたというのに…。

・合成の壺が手に入りにくい、マゼルンが出現しにくい
ストーリーモード中は中々合成する機会に恵まれなかった。
合成はシレンのシステムの中核を担うので、なるべく早く登場して欲しかった。
(一応、オオワシの砦で合成の壺は売っているが…)

・数階程度のぶつ切りダンジョン
正直、面白くもないボス戦を何度も繰り返させられるのは苦痛。
ボスどころか取り巻きの敵にすら特殊効果が効かないので結局は殴り合いになる。

・レベルアップしたときの最大HPの上がり幅が小さい
特に敵から受けるダメージが少ないとは感じないので、余計に違和感を感じる。

・アイテムを店で売ったときの金額が価格の10分の1に…
これはもうダメダメだろう。
浅いお店でよいアイテムを見かけたときの、
「うーん、これとこれとこれを売れば買えるのだが…」
「危険をおかして泥棒するか、それとも売ってから買うか…」
と言った思考がない。

・ストーリーが微妙
もっと渋い人を想像していたのに期待はずれのセンセー。
口調が普通になり、影の薄くなったアスカ。
シレンの舞台は和風な世界だっただけなのに、
本作からは日本神話が絡んでくる。
(なぜ幕府や国司といった単語が今更出てくるのか)
存在感皆無なおぼろ。
突如として明かされる1000年前の裏切り者の話。
そしてその裏切り者は即座に退場させられる。
大して魅力のないボスキャラ達…。

・ゲイズは相変わらず凶悪
壺を投げさせるのは止めてください。
催眠術を使う確率が高いのもイライラします。

・音楽が劣化した
言うまでもない。すぎやまこういちさんの凄さを知らされただけ儲けものと考えるか。

・なぜか装備品を装備する際「装備→誰に→装備」と装備を2回選らばなければならない。
ただでさえ「誰に」を選択するのでテンポが悪いと言うのに。

・「属性」システム
いや、正直言って必要ないでしょう。これは。
モンスターの個性付けは大体特技でもう決まっているのに、これ以上増やしても…。

・Iダッシュがない
これはいくらなんでもありえない。
もうね、アホかと、バカかと。

・アイテム全てに呪いがつくのに、おはらいの巻物が手に入りにくい

・モンハウに入る、風が吹くなどしても敵の位置が分からない

・未識別の杖の振った回数が表示されない

・店のシステムがトルネコ3みたいになった。

なんかもう、全体的に今までのよいところを削って悪い部分を増やした感じ。
トルネコ3やシレンDSで指摘されたところすら一部修正されていないのは、
スタッフの「かこのさくひんよりも、
ぼくがかんがえたシレンがいちばんおもしろいんだ!」
的なくだらないこだわりが見えてしまってならない。
いや、それがユーザーの意見と一致すればいいのだが、
実際のプレイヤーの反応は…

なんだかこの現状はロックマンXシリーズを思い出しますね。

今まで新作が出る気配がなかったゲームに突如新作が登場!
→一応、システムは引き継いでいるものの、明らかに劣化した部分が多い(X5、シレンDS)
→続編は出して一部不満点を解消するものの、さらに大きな不満点が続出(X6)
→今度は大幅にリニューアル、新ハードで気合を入れて発売するも爆死(X7、シレン3)

と言った感じでしょうか。
このままロックマンXコースを辿れば、
次の最新作はユーザーの意見を取り入れて良作になったのに、
売り上げ的には超爆死と言った状態になりそうです。
(X8がまさしくそれだった…)
風来のシレン3 ゆっくりとプレイ中
とりあえず、様々な箇所で今作の出来について議論が繰り広げられていますが、
私としては議論の内容が「否」一色で染まらない分まだよかったと思っています。

さて、私の方は相変わらずタイムラグがする酷いディスプレイでプレイ中。
そのため、やっと大ナマズを倒したところです。

もうこの時点で合成の壺が出ていますが、
それだったらもうちょっと特殊能力付の装備品が多く拾えた方が嬉しかったかな…。

まだせいぜい封印の太刀、ハラモチの盾ぐらいしか拾えてませんし。

百鬼の剣、盾の共鳴能力は「面白い」と言う訳じゃないが、あってよいものだと思う。
双方とも大して強い武具ではないが、徐々に強くなっていくので使っていて嬉しい。
強化限界が低いので「このセットでOK」ではないのもよいかも。

とりあえず、月曜には注文しておいたものが届くので、そこから本格的にプレイできそうです。
風来のシレン3購入…だが問題が
と言う訳で私はフラゲできなかったので普通に発売日にシレン3を購入。
だがここである問題が。
現在の私の環境ではテレビがないので、ノートPCに接続してWiiをやろうと思っていたんですが、
思っていたよりもタイムラグが酷い。
もうね、ボタンを押してから画面が1秒後に反応するみたいな感じ。

とりあえず、現状ではシレン3はまともにプレイできず、最初のダンジョンをクリアし、
次のダンジョンに入ったところで止めています。

調べてみると、Wii用の液晶ディスプレイがあるそうなので、それでも買ってみるかな…。
無限のフロンティア購入
と言う訳で無限のフロンティアを購入しました。
今までプレイしていたのでずっとブログには書いてなかったのですが、発売日に買っています。

プレイしてみた感じではまあ意外と悪くないゲームだと思いました。
ただ、街を訪れても街中を歩けず、コマンド選択で移動先を選ぶしかないのが残念。
RPGでの一般人の台詞、街中のグラフィックはやっぱりあった方がいいと感じました。
その分、登場キャラは一般人が入れないほど濃い人間がいっぱいですがね。

何気に様々なネタが仕込まれているのでオリジェネが好きな人にはオススメ。
と言っても、オリジェネに興味がない人がこのゲームに興味を持つかと聞かれると答えに困りますが。

各所で言われている「強制回避」のシステムに対しては私は中立ですかね。
確かに熱血や魂をかけた攻撃が途中で強制回避されると悲しいことこの上ないので、
出来れば与えるダメージ減少くらいのペナルティにして欲しかったかな。

ちなみに、ガンダムVSガンダムの第三次解禁は明日の様子。
どうやら新機体が出てくるようなので一応期待。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved