三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
シレン3公式サイト更新
シレン3公式サイトが更新されていました。
大体発売2週間前になってから突如更新頻度が上がったようですねぇ。
でも、公式サイトの更新頻度が発売前になって上がるのは当然のことであって、
それ以前からでも話題提供のためにもなるべく定期的に更新した方がいいと思います。

ホームランドもタイトル公開から6ヶ月以上サイトが更新されなかったことがあったので、
どうもチュンソフトに関連するソフトはこのあたりの公式サイトの運営が微妙だなぁと思っています。
(セガ×チュンなので、別のところが管理しているような気もしますが。)

今回はボスキャラの紹介、竜脈コラム、ダウンロード追加ダンジョンの紹介がそれぞれ更新されていました。

ボスキャラは見た感じ今までのシレンとはちょっと雰囲気が違った感じかな…。
グラフィックがリアルになった分、不気味さが増しています。

竜脈コラムで判明したことは装備品の強化限界をアップできること。
今までは強化限界を上げられなかったので、上げられる方法があるのは嬉しいですね。

ダウンロード追加ダンジョンでは、
持ち込み不可、レベル1から開始、敵が強力な神秘のほこらが面白そうです。
もっと不思議のダンジョンの難易度が上がった感じになりそうですね。
やっぱり落ちている道具もその分強力になっているのかな…?

それにしても「金のしおり」の更新頻度は凄い。
いくら開設したばかり、ライターが複数居ると言っても、一日に複数回更新される公式ブログも珍しい。
スポンサーサイト
風来のシレン3 公式サイト更新
風来のシレン3公式サイトが更新されていました。

今回の更新は応援サポーター(バナーを貼るアレですね)の募集のみ。
しかし、こういう企画は発売まで2週間をきってからやるのではなく、
もうちょっと早めに始めるもののような気がしますが…。

それから、セガ×チュンソフトプロジェクト公式ブログも開設。
セガ×チュンプロジェクトは2005年末から始まっていたんだから、
この公式ブログももっと早く開設してよかったと思う。

でも、こうやって動きが活発になるのは嬉しい限りですね。
風来のシレンDS2発売決定 他諸々
477180.jpg

砂漠の魔城が風来のシレンDS2として発売決定。
GB2はゲームボーイの性能の限界に挑んだような出来栄えで、
それゆえ若干テンポが悪い、バグが多いといった不具合があったのでリメイクは嬉しい限り。

リメイクにあたって個人的に変更して欲しいものは以下の通り。

・ブフーの包丁やブフーの杖がトンファンの穴でしか出ないのはちょっと寂しい。
・+限界の都合上、マムルの剣に劣ってしまう秘剣カブラステギをなんとかして欲しい。
・奈落の果てに出現する装備品の種類を増やして欲しい。
・GBの性能の都合上、通路の先が見えているので見えないように。
・武器をいくら鍛えても、シレンの攻撃力が一定以上になると反映されない仕様は修正して欲しい。
・HPは250を越えて上がるように。
・できればミニマゼルン系でも異種合成を…。

といろいろと書いてみましたが、
「正直今のチュンソフトがリメイクするなら、ベタ移植の方が安全だよ」
と感じてしまうのが少々寂しいところ。
でも、GB2はハードの都合上、今プレイしようとしても難しいのでリメイクは嬉しい限りです。

シレン3公式サイトでは紹介ムービーとOPムービーが更新。
とりあえず、OPムービーはかなり気合を入れているっぽいので今回の出来にも期待が広まります。
風来のシレン3 攻略コンテンツを設置
とりあえずトップに風来のシレン3 攻略コンテンツを設置しておきました。
もちろん、まだ発売されていないので全て準備中となっております。

サイトを始めたときはこんなに情報量が多くなるとは考えていなかったので、
今はサイトのレイアウトだけでも変更しようかな~と考えています。

現状では、このサイトは必要最低限の知識でタグ打ちのみで作っていますからね。
まあ、攻略テキストサイトではそれだけでも意外となんとかなるものなのですが、
とりあえず現在トップにシレン2攻略からずらーっとポケダン攻略まで、
縦長に並んでいるのは変更したいと思っています。

………私にレイアウトを考える時間的余裕、配置の仕方を調べる時間的余裕があればの話しですが。

それから、スパロボ公式サイトが更新。
OGサーガのPVが公開されていました。
それにしても、ソウルゲインって向こう側の世界のテスラ研から奪っただけの機体なのに、
ずいぶんアクセルと強い絆がある描写がなされていますよねぇ。
OG外伝でそれが顕著になり、今回の予約特典ドラマCDの予告もそんな感じ。
このちぐはぐさはどうにかならないだろうか。
風来のシレン3 公式サイト更新
シレン3公式サイトが久々に更新されていました。

今回の更新内容は基本的に雑誌情報と同じ。
と言う訳で特筆すべきこともない訳です。

そういえば竜脈ってフロアを越えて鍛えることはできないんでしょうか?
あるフロアでお供え物をして、そのフロアから移動。
さらに進んでいって次の竜脈を発見すると、そこには前のフロアでお供えしたアイテムが…と言った感じです。
書いてみてなんですが、これだったら強化の壺に近いですけどね(笑)。

仲間は離れている場合でも場所を交代できるみたいですが、さすがに泥棒時は無理だろうな…。
(仲間を階段で待機させる→泥棒して仲間に操作を交代とすれば簡単に泥棒できるので。)
大丈夫だろうか
シレン3-1シレン3-2


既出情報ですが、とりあえず。

今回新たなワナが判明しましたが、気になるのが装備封印のワナ。
実はトルネコ3でも似たようなワナがありまして、踏むと装備品の修正値が0扱いになってしまいます。
おまけに、敵から一定回数ダメージを受けないとこの効果が解除されないので、
深層でこのワナにかかった場合、毒矢などで敵の攻撃力を下げる→わざと攻撃を受ける、
と言った手順を踏まなければいけないので非常に面倒でした。
また、敵の攻撃力を下げる手段を持たないとオワタ状態だったので大変だった記憶があります。
さすがに、今回はターン経過で治るようになっていますよね…そうだと言って下さい。

新ダンジョンの武芸大会は実際にプレイしてみるまで分かりませんが、現状あまり面白くなさそう。

と言うか各所に見られる仕様が明らかに悪名高きトルネコ3と似ているので物凄く不安です。

かつてはシレンの新作と言えば、雑誌から情報を知る度にワクワクしたものなのですが、
歳のせいもあると思いますが、現状ではワクワク感がまったくないのがなんとも。
ガンダムVSガンダム 二次解禁
5月7日についにガンダムVSガンダムの二次解禁が!
新しくCPU戦でハードモードAルート、Bルート、ランダムルートが追加されたぞ!
さあ、皆で腕試しだ!!

……………新しいルートにも新機体は出現せずガッカリ。
そもそもあんな理不尽なCPU戦にハードモードを付け足しても喜ぶ人はまずいるまい。
「難しい」じゃなくて「理不尽」ね。ここのところをお忘れなきよう。

ただでさえゴッド、マスター、自由、Ζ、グフカス、試作2号機が氾濫してうんざりしている現状なんで、
さっさと新機体出てくれないかなー。

5月7日に解禁があるのは知っていたが、まさかこんな内容だったとは…。
一次解禁の酷さから考えて今回も期待はしていなかったが、そろそろ本当に過疎っぷりがヤバイ。
早く集客力がある解禁を行うんだ!

まあ、でもアレだ。
このゲームは家庭用で出して、ガンダムをちょっとだけ知っているような人たちとプレイすると面白いと思う。
今回は事故勝ちが狙いやすいし、(狙いやすいのもなんだかなーだが)動きも派手だから盛り上がるかも。
90万ヒットありがとうございます
と言う訳でちょっと前の話となりますが、90万ヒットありがとうございます。
シレン3の発売がまだな現状であっても、割とコンスタントに人が訪れてくれているのは嬉しいですね。

そのシレン3ですが、どうにも公式サイトの更新がまばらですよねぇ。
せっかくのナンバリングタイトルなんだから、もっと公式サイトにも情熱があっても良いのでは?
現状、なんだかやっつけで公式サイトを運営しているように思えてなりません。
(公式サイトを運営する人手が足りないんだろうか…)

さて、最近の更新はほぼブログと思いつきの用語集のみとなってしまっていますが、
シレン3の発売後は再び更新を本格稼動させたいと思っているのでよろしくお願いします。

・独り言
近所のゲーセンのガンダムVSガンダム、最初は1ラインだったのにとうとう4ラインになったよ\(^o^)/
スパロボAポータブル プロモーションビデオ公開
スーパーロボット大戦公式サイトでスパロボAポータブルのプロモーションビデオが公開されていましたね。

今までの作品の使いまわしかと思いきや、微妙に修正されていたり、
完全新規だったりするものも多そうなので楽しみです。

まあ、私は元からAのリメイクを希望していたので、購入する予定でしたが。

それにしてもちゃんとファイナルダイナミックスペシャル等の合体技もしっかりと作っているのに驚いた。
いつものスパロボならば、大体GBAなどにはあってもPS系列のハードでは無視される武装なのに、
今回はちゃんと用意されています。

これは嬉しい。
久々の裏白蛇クリア
ura02.png


前回裏白蛇99階でやられたのがあまりにも悔しかったので、再チャレンジしました。
今回は珍しく途中で剛剣マンジカブラを入手。
ベースがこれになると一気に攻撃力が上がるので爽快です。

それにしても、アスカ見参では武器の攻撃力が攻略に占める割合が小さいと思います。
極端な話、必要な印さえそろって盾さえ強ければ、
武器の攻撃力がいくら低くても十分にクリア可能です。
そして何より盾と比べると鍛えても効果が実感しにくい。
特に白蛇島、裏白蛇でよくベースになるどうたぬきやカタナは、
鍛えてもあまり攻撃力が上がっていない感じがします。
(まあ、実際上がってないんですけど。)
「アスカは最高傑作」とはよく言われますし私もそう思いますが、
敵に与えるダメージ、自分が受けるダメージ等のバランスは、
実はシレンDSが一番よいような気がしないでもないです。
(あくまでも、ダメージのバランス)

ちなみに今回は序盤で車輪のやいばを入手。
これが出れば多少面倒ですが転び石を探せば、安定してアイテムを稼ぐことができますね。
ゴッドマスター大勝利!過疎の未来へレディゴー!
以前行っていたゲーセンに久々に行くと、ゴッドとマスターが大増殖していました。
しっかしまあこの2機は今までのVSシリーズの格闘機と違って、
間合いを詰めるのが容易、仕様によるステップの弱体化、格闘を外した場合の隙が少ない、
などが相まって猛威を振るっていますね。
まあ、私は格闘機はあまりうまく扱えないのでいつも別の機体を使っています。
と言う訳で今回はヴァサーゴの感想でも。

・ガンダムヴァサーゴ

特格の捕縛攻撃が強力。
特格時に撃つアシュタロンのビームとアシュタロン自体の誘導性もあり、
メイン→特格が非常につながりやすいのでこれを中心にして立ち回ると良い。
その後はメインを重ねてダウンさせると良いだろう。
が、メイン→特格→メインは当然のごとくメインの弾数を2発も消費する。
メインの弾数は6発、リロードも速くはないので、
場合によっては弾数節約も兼ねて放置し、もう片方を狙ってもよい。
特格→特射はカットがこない状況ならば狙ってもよい。
ハイリスクハイリターンだが。

素のブースト性能はそこまで良くなく、
変形時に弟に乗る動作が加わるため、隙があり、格闘機に接近されると苦しいものがある。
近距離戦では特格の誘導が活きてこないので、
常に中距離を保つように立ち回りたい。
とにかく特格のおかげで、相手を足止めしやすく、
片追い状況を作りやすいと言う利点がある。
そのため、うまく立ち回れば常に片追い状況を作れて、
相手を完全に押さえて勝つことも多い。
逆に敵機の接近を許してしまうと、
相方の援護にも向かえず、総崩れになるパターンもある。
初速は遅いものの、一度変形してしまえば変形状態での機動性は高い。
これを利用して相手との距離をとろう。
アシストは発生が早く、かなり高性能な部類に入る。
恐らくヴァサーゴの攻撃手段の中で最も発生が早いので、
「今だ!」と思ったら積極的に使ってよいだろう。
なお、ゴッドやマスターに詰め寄られた際は、発生の早さによって、近距離の迎撃で頼りになる。

基本コンボ
・メイン→特格→メイン(基本コンボ。これを中心に立ち回ろう。)
・メイン→特格(弾数節約バージョン。敵機を長く足止めできる。)
・メイン→サブ(上記のコンボと違い、すばやくダウンが取れる。)
・特格→メイン→サブ(特格が生で当たり、特射を使う余裕がないときに。)
・特格→特射(ハイリスクハイリターン。カットされるようならメインを撃った方が良い。)
・アシスト→メイン→サブ(アシストは出が早く、隙も少ないので十分つながる。)

・小ネタ
・GP03の爆動索は格闘ボタン押しっぱなしで持ち歩ける。
・νガンダムの特格はメインからつなげることができる。
当てやすいメインから高ダメージを奪えるので、何気に便利。
後格闘→特格→特射なんかも可能。
・試作2号機の格闘で敵機をダウン→特格高飛び→核で凶悪な起き攻めが可能。
復活
今までネットにつながらない状態でしたが、やっとこさつなげるようになりました。
で、気がついてみれば風来のシレン3発売まであともうちょっと。

期待1/4、不安3/4で待つとしましょうか。

>ガンダムVSガンダム
修正版は予想していた通りバグを取り除いただけ。
しっかしまあ今回は大味すぎるゲームですよねぇ。

バクステを普通にとれる格闘があるとか、ほとんどの機体がサブ射キャンセルでダウン取り放題だとか。
一部の機体で可能な急速上昇とか、終わらないディフェンスとかが。
まあ、よくいく店ではゴッドを好んで使う人はあまりいないんだが、
対戦すると「ちょwwwこれ無理」みたいな感じです。

とりあえず、連ザのシステムの延長線で行くのであれば、弱体化していてもいいから、
ステキャンはある程度できるようにして欲しかったかな…。
今作では格闘ぶっぱなし万歳状況ですからねぇ。
その点、連ザ2では格闘を当てるのにある程度の駆け引きがあったので面白かったです。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved