三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
久々の裏白蛇クリア
ura.png

※この画像の著作権は株式会社CHUN SOFTに帰属します。

と言う訳で、シレンDSからちょっと離れて久々にアスカ見参をプレイしていたら、
珍しく裏白蛇をクリアしてしまいました。
このダンジョンのクリア、かれこれ2年ぶりくらいですかねぇ。

今回は序盤にメッキの巻物×2、にぎりへんげの剣、保存の壷×2をゲットすることができ、
さらに7階でパワーハウスに出くわすも、聖域の巻物を使って壊滅させることができたなど、
かなり運に恵まれました。

94階以降の魔のフロアはあかりの巻物(祝福)×3(転写含む)で一気に通り抜けました。

盾に「命」の印をつけたかったものの、命の草の引きに恵まれず、結局「眠」で我慢しました。
まあ、使えない訳ではないものの、やっぱり「命」の方がいいですね。

なお、今回の経験分も含めて、攻略記事を修正しておきました。
スポンサーサイト
「スーパーロボット大戦W」が出るよ
突然「スーパーロボット大戦W」が発表されました。
参戦作品は下記の通り。

・ゲッターロボG
・真ゲッターロボ(原作マンガ版)
・マジンカイザー
・マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍
・新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
・機動戦士ガンダムSEED
・機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
・機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
・機動戦艦ナデシコ
・機動戦艦ナデシコ The prince of darkness
・勇者王ガオガイガー
・勇者王ガオガイガーFINAL
・フルメタルパニック!
・フルメタルパニック?ふもっふ
・フルメタルパニック! The Second Raid
・宇宙の騎士 テッカマンブレード
・宇宙の騎士 テッカマンブレードII
・デトネイター オーガン
・百獣王ゴライオン

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

何このステキな参戦作品。
ちなみに、記事はこちら。なお、今回は2部構成になるとのこと。(インタビューより)http://up2.viploader.net/pic/src/viploader382231.jpg

とりあえず、自分がこの参戦作品に対してどれだけ知っているかを書いておきます。

・原作をチェックしているもの

・新機動戦記ガンダムW Endless Waltz(ボンボンの漫画版で読んだだけ)
スパロボの常連作品ですね。いるだけ参戦の機会も多いだけに、今作ではどれだけ活躍するか気になります。

・機動戦士ガンダムSEED
・機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
・機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
まさかASTRAYが参戦するとは思わなかった…。
X ASTRAYも参戦しているので、MSVのキャラも出番があるとか?
ゴールドフレーム・天の活躍にも期待。ついでに、SEED本編とのキャラの絡みにも。

・機動戦艦ナデシコ
・機動戦艦ナデシコ The prince of darkness
今回はシナリオが2部構成なので、この作品はそれにぴったりでしょうね。
原作を知らない人はアキトの変貌っぷりに驚くでしょう。
(と言うか、私も未だにあの変貌振りには納得できませんが。)

・フルメタルパニック!
・フルメタルパニック?ふもっふ
・フルメタルパニック! The Second Raid
Jに参戦するので、原作をチェックし、すっかりはまってしまったこの作品。
セカンドレイドの参戦も嬉しいところ。ゲイツ(MSとは関係ない)さんのぶっとびっぷりに期待。
※参戦作品には「フルメタルパニックシリーズ」としか書かれていないが、
インタビューからセカンドレイドの参戦はほぼ確実と思われる。

・原作は知らないが、スパロボで知っている作品

・ゲッターロボG
・真ゲッターロボ(原作マンガ版)
・マジンカイザー
・マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍
・勇者王ガオガイガー
・勇者王ガオガイガーFINAL
・宇宙の騎士 テッカマンブレード

・原作をまったく知らない作品

・宇宙の騎士 テッカマンブレードII
…まあ実はこの作品だけは少し知っているんですけどね。
一作目とは大幅にかけ離れたシナリオ展開を見せてくれる悪評高い作品として。
(作品そのもののできよりも、前作との対比で割を喰らってる作品かも。)
・デトネイター オーガン
・百獣王ゴライオン
これら上記2作についてはまったく知りません。
なぜ…なぜ…こうなってしまったんだ…
一言:SFC版シレンやシレン2、シレンGB2を作ったチュンのスタッフは、今頃どこにいるんだろう?
(絶対上記の作品を作ったことのあるスタッフなら、DSのようなバランス調整は行わないはず。)

どうも、「ボウヤー系はシレンを射程内に収めるまで矢を撃たない」ことに気付き、絶望している甲です。

いや、まて。それは絶対におかしい。
シリーズ恒例の稼ぎテクニックじゃないか。
「モンスターも使いようによっては利用できる」と言うことを表している、いい例じゃないか。
なのになぜ…なぜ…なぜ…。

その他には、
「モンスターの肉を食べている時はアイテムを拾えない(ボウヤー系の肉で矢稼ぎをする時に不便)」
「モンスターの肉を食べていても、ぬすっトド系からアイテムを盗まれる」
などなど、SFCでできた面白いテクがことごとく封印されている感じ。

いや、本当に、各種調整がことごとく蛇足なんですよ、今回は。

やっとシレンの新作が出てワクワクしていたのに、
はっきり言って自分でプレイして情報を集めようとする気力が湧きません。

いや、なんかもうこの違和感は、「ロックマンX4をプレイした後にX5をプレイした感覚」に似ています。
連ザ2日記その6
最近はフリーダムをよく使っています。
と言う訳で今日はそれの立ち回りでも。

射撃を中心とした使いやすい武装、ロマンのあるチャージショットが面白い機体です。

対戦ではCSは封印安定かと思いましたが、カットや闇討ちに意外と使えました。
銃口補正も非常に強いです。
…それでもやっぱり慎重に立ち回るには封印した方がいいような気がしないでもないですが、実用性は十分にあるかと。

・小ネタ
アーモリーワンのエネルギータンク(?)みたいな障害物にCSを撃つと、
すぐさまタンクが壊れて、CSが向こうまで届きます。
対戦で、ブーストを切らしたアビスがタンクの向こうに着地しましたが、
そんな障害物におかまいなしにCSが命中し、勝負が決まって驚きました。

サブのバラエーナはかなりの高性能。
グリホによって油断している敵機を遠距離から撃ちぬくこともできます。
ただ、銃口補正がよろしくなく、隙もあるので、使用するのは中距離以降推奨。

格闘はN格闘と横格闘が高性能と言ったところでしょうか。
慣れないうちは迂闊なビームライフルの反撃は横格闘、
敵機の大きな隙へぶちこむ格闘はN格闘で十分だと思います。

相方はやっぱりデュエルやストライクが安定するかと。
どちらも450に勝るとも劣らない性能を持っているので、
450×2や590+280のコンビよりも総合力はこちらの方が上のはずです。
やまびこが出ないって、おまえ…
シレンがDSで制作決定
  ↓
~長い年月~
  ↓
次回作はSFCのリメイクです!
  ↓
新作じゃないのは残念だけど
開発に時間かけてるから期待だな!
  ↓
現在
  ↓
次のシレンの完全新作を待とう!

某ゲームの不満・批判スレにあったものからコピー。(一部追加)

ゲイズ系の異常な催眠攻撃を使う回数、やまびこの盾の廃止(これは自分は確認していないが)、
おはらいの巻物でアイテムの呪いを一つしか解除できない、掛け軸裏・食神にレベルを上げても入れる、
帯電アイテムはただ単に使えなくなるだけ、シレン2・GB2・アスカ見参などの面白い・便利なシステムがない、
(アイテム水没、異種合成、ワナの上にアイテムが落ちたらワナが起動、
吹き飛ばしの杖を使ったアイテム、階段の移動、未識別の杖に[-(振った回数]が表示されない、
倉庫が相変わらずアイテムを床に置くタイプ)
救助アイテムがあり得ないほどにしょぼい(机山27階救助でナイフゲータの肉って…)、
とりあえず、これらが今出てきた不満です。

本当に、前回「トルネコ3のプログラマーが今作を担当しているから大丈夫か?」と心配していた通りになった。
トルネコ3の反省(「難しい」ではなく「理不尽」なシステム)がまったく活かされていない…。

初めてプレイした時はなかなかいい感じで移植されていると思いましたが、
だんだん日が経って情報がまとまってくると、何とも微妙な感じになりました。
このブログの名前どうしよう…
そう言えばこのブログのタイトルをすっかりと忘れていました。
シレンDSが発売された現在、いつまでもこれじゃあアレですもんねぇ。
適当によさそうな名前を考えておくことにします。

さて、どうやら追加ダンジョンは全部持ち込み可ダンジョンのようですね。
持ち込み不可の新たなる面白い条件で挑むダンジョンを期待していた私にとっては残念です。

ちなみに、やっとガイバラの合成の壷イベントが終わりました。
そういえば気になったのがこのイベントの進め方。

テーブルマウンテンをクリア後、車屋ができていたのでそっちの方で一気に山頂の町へ行ったのですが、
「新作はまだできていない」と言われました。
その後、フェイの問題を何問かやって再び車屋で行くと、新作が完成していました。

…もしかして、フェイの問題を1問やる→車屋で運んでもらうの繰り返しで比較的簡単に合成の壷イベントが終わるんじゃあ…。
このブログを読んでいて、テーブルマウンテンを1発でクリアして、
「ああ、ガイバラの元へ何度も通うの面倒だなあ。」と思っている人がいたら試してみて下さい。(他力本願)
シレンDS購入、ついでにOGSの発売が延期
さて、今日は待ちに待ったシレンDSの発売日。そんな訳で早速購入してきました。

まだテーブルマウンテンをクリアしただけですが、
SFC版の雰囲気を残しつつ、各所で操作性が向上、追加要素もあるなど、
移植としては中々よいできになっているような気がします。

それにしても、改めてプレイして思ったのですが、
やっぱりテーブルマウンテンって初心者キラーですよねぇ。
今回から「もどる」コマンドが実装されたとは言え、
それでも初めてプレイする人はキツイのでは…。

さて、こちらはあまりよくないニュース。
OGSの発売が延期されてしまいました。
うーん、開発が遅れてヤバイと言う話は聞いていましたが、まさかこれほどとは…。
シレンDS発売まで後3日
気付けばシレンDSの発売日まで後3日。
これが完全新作ならばワクワクしているところなのでしょうが、
リメイクなのでどうにも盛り上がりに欠けるところです。
果たして追加要素がどれ程の物になるか…。
一応、予約はしています。
ちなみに、フラゲは私の環境下では不可能なので諦めています。

さて、実は連ザ2以外にもディスティニーのPS2版も購入しています。
ディスティニーはストーリーをよく知らない分、新鮮味があってよいですね。
ジアビスでのあまりのロード時間の長さは今回はまったくなく、とても快適です。
うん、中々の良作だ。
スーパーロボット大戦OG ~ディバイン・ウォーズ~ 第10話 「風の魔装機神」
とりあえず思ったことを箇条書きに。

・なぜかバレリオンがビルトラプター(FM)に普通に追いつける。
ゲーム中の性能からも、外見からも、機動性はどう考えてもビルトラプター(FM)の方が上だと思うんだが…。
・ビルトシュバインがせっかく出撃したのに攻撃シーンなし。
・主人公であるリュウセイの活躍のなさはある意味革新的。
今回も一機も敵を撃墜できず、テンザンと遊んでいた。
・確かゲーム中では固定砲台がサイフラッシュで倒されたはず。
まさかバレリオンがサイフラッシュで倒されるとは思わなかった。
・サイバスターがこなかったらハガネはどうするつもりだったんだ?
・そろそろゲシュペンストMK2はジェットマグナムを使ってくれ。

…とまあ、突っ込み所が多かった回かと。
いや、まあある程度ゲーム中のイベントを再現しているんですが、結構アニメでこれをやられると違和感が。
でも、頼むからそろそろゲシュペンストMK2のモーションを増やして下さい。
多分、マシンガンしか撃ってないんじゃあないのか?この機体。

行く先が心配なアニメですが、(一応)応援しています。
久々の復活です
どうも、お久しぶりです。
このタイトルでブログを書くのは何回目でしょうか。

・シレンDS
私がサイトをいじれなかった間は特に大きなシレンDSの情報はなし。
発売まで後8日ですねぇ。攻略の準備をしておかないと。

・連ザ2
ついでに連ザ2は明日発売です。
どうもブルとヴェルデの参戦はなさそうですが、まあ我慢するとしましょう。
ゲーセンでは中々使えなかったMS(ガズウートとか)も使ってみようと思います。

最近注目しているMSはジンハイマニューバ2型。
前格の性能が冗談のように凄まじく、多分至近距離の戦闘力は高コストに匹敵します。
スピード覚醒で凶悪なダメージや攻め継続を狙えるので、低コストながらも非常に爆発力の高い機体。
…しかし、低コスト=先落ち厳禁な訳なので立ち回りが難しい。

そういえば、最近トダカスペシャルと言う技を知ったんですよね。
自分がスピード覚醒をしている間に、相手が覚醒受身を取った場合、
ステップで一気に距離を詰めて格闘を再び叩きこむと言う技です。
試しにやってみると、見事に成功して一気に勝負を決めることができました。
確定すると言う訳ではありませんが、狙う価値は十分にあるかと。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved