三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
200506<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200508
第41話 リフレイン
さて、今回も総集編なので私は例によって見ていません。
第三次αの方が忙しいですからね。
と言う訳で41話の感想は終了です。

さてさて、第三次αですが、やっとこさ新型のSRX、アルタードが登場した所です。
一応通称はバンプレイオスとなっておりますが、アルタードの方がいいと思うのは私だけでしょうか?
ちなみに試作型SRXの正式名称もバンプレイオスなんですけどね。(α攻略本「魂」参照)

リュウセイがアルタードが手に入るまで乗っていたアルブレード・カスタムに、
ビルトビルガーとビルトファルケンの技術が使われているのはなんとなく嬉しいです。
こうして設定を見ていると、スパロボオリジナル勢の歴史の長さを感じさせられます。

ああ、そうそう、そういえば今回はサブシナリオが存在するんですよ。
オプションのシナリオチャートを見ると、プレイする事が出来ます。
内容としては、メインシナリオの裏側で他のキャラが何をしていたかと言う物です。
私は一応、アウセンザイターが登場する時のシナリオをプレイしました。
レーツェル「フ、この機能。ビアン博士は私の望み(趣味)を理解してくれたいた様だ。」

あ…あ…ゴメン。ビアン博士…存在を完璧に忘れていましたよ…
あなたは今何処に居るんですかー?
そろそろ地球防衛究極ロボヴァルシオンで参戦してくださいよー。
「地球防衛究極ロボ」とか言いながら、今までのスパロボでは地球を防衛するどころか、
敵の手に渡って量産されて使われることがほとんどなんですからー。
バンプレストのスタッフさん…ビアン博士を出演させてあげて下さい…
ちなみにあのメカは設定では体長57m、体重550tなんですよね。
元ネタの参戦が決まった際に、全装備重量が615tとされ、情報の隠蔽が図られました。
スポンサーサイト
ストライクは序盤から改造しておくべきだった
どうも、ストライクの改造はルージュ、フリーダム、
バスターに引き継がれると知って落ち込んでいる甲です。
(ちなみにフリーダムの改造をジャスティスは引き継ぐので、
実質、1機の改造で5機改造した事になりますね)
まだフリーダムが登場していない方は今から頑張ってストライクを改造して下さい。

さて、SEED関連のストーリーですが、原作通りとは言えども、細かな部分が修正されていますね。
キラとアスランの再開の時に割ってはいるカガリを他のキャラが止めたのは好印象です。
また、トールも(一応)犬死にではなく、キラを助けて死んだ事になっています。
原作では助けて死んだと言うより、超人同士の戦いに割って入ったら返り討ちにされた感じでしたから。

三輪長官が復活したのは、SEEDのおかげでしょうね。
アレほどブルーコスモスに取り込みやすい人物は居ませんから。
MXで同じ様な復活を果たしたので今回はさほど驚きませんでした。
さて、今回は死ぬのか?最後まで生き抜くのか?
(原作では死んでいません。
スパロボでは第4次とMXで死亡しています。
また、スパロボAではボコられますが、生存しています。)
第三次α購入
と言う訳でついに第三次αを購入しました。
昨日更新がなかったのは当然それをプレイしていたからです。
現在クヴォレールートで26話をプレイ中。
それにしても今回は敵の規模が凄いです。
敵の規模の凄さを順番に表すと第三次α>α>D>64と言った所でしょうか。

SEEDではキラ・サイ・フレイのお茶の間ぶち壊しイベントが再現されないかと心配でしたが、
見事にほぼ完全に再現されてしまいました。
もっとも、今回はカミーユが止めに入るので原作よりもいささかマシになっております。
今回はキラと絡んでくるのはカトル・シンジ・コウ辺りですね。
成長したシンジやコウとの会話は見るべき物があります。
それにしても今回もコウの新録はなし…残念。
ちなみにヒイロは特殊台詞がかなり豊富です。
もしかしたら、これはスタッフの案ではなく声優の緑川さんが原因かもしれませんね。
(緑川さんはスパロボが大好きで、頼んでないのにデバックに参加するほどだとか)

これからは第三次αをプレイするために若干更新頻度が落ちます。
多分一週間程度で戻ると思います。

追記:一応掲示板の利用規約のページに掲示板、チャットのマナーのページを新設しました。
実は前々から作っていたのですが、存在を忘れていたため公開が今になりました。
暇な方はどうぞ。一応マナーに対する私なりの見解を付け加えています。
ただの雑記
明日は第三次αの発売日なので午前中に買いに行きたかったのですが、
今日になって予定が入ったのでプレイできるのは夕方になりそうです…orz
まあ、ゲームはプレイするよりも発売を待つ方がある意味では楽しいのですが。
(と言ってもやっぱり延期は嫌)

そう言えば私はフォーチュンクエストと言う小説を集めているのですが、
これが結構面白い冒険物の話です。

実はこの本、
私の母親が廃品回収の時に新・フォーチュンクエスト1巻を拾ってきたのが発端でした。
なんとなく読んでみると非常に面白く、すぐにその本を読んでしまい、
その後発行日を見ると1994年と書いてあったので、
「じゃあもうシリーズは終わっているな」と思っていると現在も続いていてあらビックリ。
そこから集めるのを始めました。

興味のある方は古本屋に行って1巻を読んでみるのがオススメです。
そこからぐっとハマルかもしれません。
大体昔の物なら一冊105円程度で売っているでしょう。
スパロボでの思い出(作品別)その2
かなり昔のGBであった第二次Gは置いておいて、今回はスパロボAに対する感想と思い出です。

GBAでの第一作となった本タイトルですが、
ストーリー構成は今までのスパロボの中でもトップに位置づけされると思います。

各作品の再現がまんべんなく行われており、
よく一部のファンからの批判の対象となる「居るだけ参戦」がほとんどありません。

戦闘シーンも携帯機としては頑張っており、カットインが使われる様になっています。

余談ですが、全スパロボで唯一コウとケリィのフォンブラウンでの出会いが描かれています。
今作ではコウに加え、ボスとリョーコも話に加えられ、
ある意味原作以上のエピソードが展開されます。
0083好きな方にはぜひとも。

ゲームバランスも中々良く、援護を駆使しないと初回プレイでは苦戦するでしょう。
NTが魂を使えず、OTに魂を使えるキャラが多いので、
これはこれでバランスが取れている状態です。
ただしアムロは奇跡を使えるので魂を間接的に使用可能です。

また、オリジナル勢も魅力的で、人気が高いです。
Aのオリジナル勢はOG2に参戦しているので知っている方も多いでしょう。

ちなみに私はラミアではなくアクセルの方が好きです。
OG2では敵のまま(多分)死んでしまったのは残念でしたね。
(もっとも、これはラミアを主人公に選んだ場合のシナリオの再現なのですが)
次回作に出演させるために記憶喪失で仲間に…と言う展開はできなくもないですが。

個人的にはAのオリジナルが好きな方はぜひともOG2をプレイして欲しいと思います。
Aのシナリオ中で少しだけ存在が示されるアルトアイゼンやW16、
レモンのファミリーネームの謎等がOG2でしっかりと補完されています。

ある意味AとOG2はセットで楽しめる作品と言えるでしょう。
ちなみにGBAでの他の作品ではRはストーリーに難点があるのでオススメしません。

難点はGBAの初代スパロボと言うこともあって戦闘シーンカット機能が搭載されていないことです。
ただし、ROMカートリッジなので当然動作は速いため、
昔のスパロボの様なイライラ感はありません。
(当時はそれが普通ですが、α以降戦闘シーンカットが導入されて、
以後はそれが普通になってしまいましたからね。)

そういえば明後日に第三次αが発売ですね。
冥炎113階に死す
タイトル通り、冥炎魔天の挑戦は113階でやられてしまいました。
最後はアーク対策の為にみやびやかな盾-2(弟×7)を装備して炎に耐えながら通路を歩いていたら、
出会い頭に倍速アークと遭遇して通常攻撃でやられると言うみっともない散り様でした。

今回はねだやしが出なかったのが辛かったです。
やはりアークはねだやさないとダメですね。
オオイカリアークなんかが誕生すると大変ですから。
(例え対抗策があっても炎のエフェクトが凄く鬱陶しい)

ちなみに100階のご褒美は火迅風魔刀でした。
今度はこの武器を登録してから挑もう…
第40話 黄金の意志
アスラン「今のオーブを見るカガリの目には、
確かに代々受け継がれてきたアスハ家の黄金の意志があるっ!!」

と言う訳で今回はカガリの専用機「アカツキ」が初登場です。
左肩に「暁」とマーキングされていたり、金色の機体色はビームコーティングの役割を果たす等、
各所にΖガンダムに登場した百式を思わせる設定が見受けられます。
受け渡しのシーンはまるでRPGの伝説の武器を受け取るシーンの様でした(笑)

それにしてもウズミが遺したMSと言うのはちょっと強引過ぎるような…
それだったら「前作のオーブ防衛戦に出せ」と思ってしまいます。
一応解釈としてはウズミの遺言を聞いて戦後密かに作成されたと取る事が出来ますが。

戦闘能力としては最新鋭機と言う訳ではないですが、
バビの胸ビームを余裕で弾くなどかなり高い防御性能が見受けられます。

それにしてもカガリはキラの様に不殺ではないんですよね、
国を焼く人間に対しては手加減しません。
と言ってもキラの不殺の覚悟もどうも安っぽく思える私にとっては、
別に不殺でなくても(むしろその方が)いいのですが。

キラは前作の最終決戦では戦艦を一刀両断している事から、どうもこのキャラの不殺は微妙です。
何と言ったらいいのか、
自分の経験に基づいた(例えば戦場で多くの人の死を見たなど)覚悟から不殺が来ているのではなく、
「殺したら後味悪いからとりあえずダルマにしておくか」という感じで行動している印象を受けます。
アッシュのパイロットが次々と自爆して行く様を見ても大して反応してませんでしたし。

さてさて、今回の見所はなんと言っても指揮権を剥奪された瞬間に部下からタコ殴りに遭うユウナです。

一応、地球連合の条約に加盟するのは確かに間違った判断とは言い難いですし、
それによって地球連合から攻撃を加えられる可能性はほぼなくなったと考えられます。

この点からウナトやユウナの政治的選択もアリだとは思われます。
しかし、ユウナは指揮官として戦場に出た場合は無能で、
結局トダカ一佐が亡くなったのも意に介して無いようです。
登場する度に器量が疑われる言動を繰り返すので、
結局「ウナトやユウナは馬鹿だ。カガリの方がマシだな。」
と言う印象を視聴者に与えてしまいます。
私的にはユウナはもう少ししっかりとした人物で、
視聴者に「こう言う考えもある、」と思わせるキャラの方が良かったのですがね。

いずれにしても、選択こそ間違えたとは言い難かったものの、
キャラクターの人格が最悪だったため視聴者から嫌われた可愛そうなキャラです。

あ、けどジブリールを匿ったのは政治的に完全に失敗ですね。
スパロボでの思い出(作品別)
自分が一番最初に買った据え置き機のスパロボはスパロボ64でした。
このゲームは64なので当然カートリッジで、キャラに声が付いていません。
さらに第4次から据え置き機のスパロボでは標準搭載となったロボ、キャラ辞典も付いていません。

そんなスパロボ64ですが、実はファンの間では隠れた名作としてリメイク希望の声も多いです。
なぜ、この様な人気があるかと言うと、ストーリーの巧みさと多くの分岐にあります。

まず主人公は4人用意されています。
基本的な話はあまり変化がありませんが、序盤の話は主人公によって変化します。

序盤は地球がムゲ軍(ダンクーガの敵)に征服されているので、主人公達はそれを撃退するため戦います。
しかし、中盤突如としてムゲ軍に屈していたと思われていたOZがムゲを裏切り、
ムゲ軍が撃退され、主人公達の目的が先取りされてしまいます。

その後OZ側、独立軍側、サンクキングダム側に付くかの選択があり、その選択によって話がかなり変化します。
ムゲ軍を撃退した後も、次から次へと新たな敵勢力が出現し、
割と絶望的な(笑)ストーリーが展開されます。
この辺の話が先が気になる展開となっており、高い評価の原因だと思います。

ただ、ラストは基本的に話が変化しないのが残念です。
(ルート選択によってシャアが敵にならないルートがあってもいいと思う)

とまあこの様に主にストーリー面で高い評価を受けています。
ちなみに戦闘シーンカット機能は付いておりません。
ただしカートリッジなのでロードは非常に早いです。

もっとも、ストーリー面で問題がまったくない訳ではなく、
一部の作品のキャラの会話だけで話が進んでしまうことが多いです。
(0083の方々なんかは割と酷い扱いでした)
また、08小隊は当時OVAがリリース途中で未完結だったので、かなり出番が少ないです。
序盤に08小隊のイベントがあって以降、シローは会話にほとんど出てきません。

私の評価としては、一部に偏り過ぎの話やオプションが少ないのに不満がありますが、
普段と一風変ったスパロボのストーリーを楽しみたいならオススメです。
余談ですが、Dの脚本の方と脚本が同じ様で、Dの雰囲気とある程度通じるところがあります。
大丈夫かドワンゴ
各地でチュンソフトの親会社のドワンゴのCMがヤバイと言われていましたが、
今日調べてみてその意味がやっと分かりました。

…あれは…ダメでしょう、やっぱり。
ネタとしてはかなり面白いかもしれませんが、CMとしては…
いやいやあれがお茶の間に席巻してくるとは、恐ろしい時代になったもんだ(笑)

余談ですが、CMの最後の声はひろゆき氏らしいです。
(もっとも、私はCM未見なのですがね)

ちなみに冥炎魔天は現在55階。
トド狩りを行ったので装備がどうたぬき+14(三・金・会・回・扇・必)、
風魔の盾+44(眠・ト・眠・金・う・弟)と調子が良いです。
盾は祝福の壷に地の恵みの巻物と転写の巻物を計4個突っ込み、大幅に強化しました。
ちなみに風魔の盾はもう一つ手に入れています。
(武器はベースを回復の剣→妖刀かまいたち→どうたぬきと変更しています)
続・続・冥炎魔天
久々に冥炎魔天の挑戦をプレイしており、現在47階です。
装備は回復の剣+4(扇・扇・金)とトドの盾+20(眠・金・う・弟・弟・弟)です。

今回はロクな武器のベースが手に入らないのですが、
盾は比較的良い物が揃っており、風魔の盾も確保出来ています。
それにしてもアスカ見参では良い武器のベースが手に入りにくい気がします。
白蛇島や裏白蛇島でもずっとベースが回復の剣とか(笑)

トド狩り用のつるはし+1(火)が作成出来たので51階~55階でトド狩りを行い、
アイテムを集めてからベースをチェンジしたいと思っています。

冥炎ではHPが250までしか上がらないから防御力を上げておかないとコロッとやられてしまいますね。
神アーク対策も考えておかなければいけません。
こう考えると意外と難しいダンジョンなのかも…?

そういえば、今回のプレイの最中に結構不思議な現象に出くわしたので小ネタを更新しました。
スパロボでの思い出
以前のロックマン、SDガンダムに続きスパロボでの思い出です。

私が初めてスパロボを知ったのは第4次スパロボSのCMだったと思います。
「ゴーフラッシャー!!」「ロケットパーンチ!」と叫び声があった後に、
「第四次スーパーロボット大戦だ~」という声が流れてきたのを未だに覚えています。

「スパロボをプレイしたい」と思ったのは友人宅でスパロボFを見た時からですね。
0083の曲を聞いて、「うぉーかっこえぇ!」と思ったのが始まりでした。
また、サイバスターも一目見て好きになりました。

その後第二次Gを購入…0083が出ていない!
ガンダム系のBGMが全て「颯爽たるシャア」になっていました。
なんてこった…と思いながらも結構楽しんでプレイしました。

さらにその後スパロボ64を購入。
声が付いていないのが残念でしたが、主人公が多く、
ルート分岐も豊富だったので6週ほどプレイしました。
やっとこさthe winnerを聞けましたが、GP01FBが出てこなかったのが残念。
(なんでコウがジェガンに乗って参戦するんだよ)

その後はスパロボAを購入…全部声無しですね。
その理由は、実は私はPSを01年のクリスマスまで持っていなかったんです。
PS2を購入した友人から譲り受けました。(でも有料)
その後はα外伝、αを購入。
そしてスパロボIMPACTが出たのでその時に思い切ってPS2を買ってしまいました。

スパロボ関連で語りたい話は多いのですが、今日はこの導入部までで。
第三次α試遊情報
そういえばKフェスで第三次αを試遊出来たんですね。
情報によるとSEED系のBGMでインヴォーグがある様なので一安心。
一時、「SEEDのOP曲は版権の都合上ゲームで使えない」と聞いていたのでかなり不安でした。
ついでにミーティアも選択できればいいんですが…

そういえば、今回の第三次αは推奨年齢12歳以上になっているんですよね。
なぜでしょう?

やはり「あの」カットインがまずかったのでしょうか?
そもそも、「あの」カットインはα外伝にてエニルのカットインで少しやってみたところ、
プレイヤーからのうけが良かったのでそれ以後も続行された様です。
(なお、「あの」カットインは担当スタッフが指示を受けていないのに、
独断でネタとして作ったらしい by α外伝を一生楽しむ本)

もっとも、第二次αのアレはやりすぎのような気がしました。
アレのおかげでファミ通なんかの攻略も品のない文が目立ちましたし…
家族が近くに居る場合はゼオラの戦闘シーンなんかはデモをオフにするしかありません。
やはりα外伝程度にしておくべきだったと思います。

追記:近頃の相互リンク要望の急増から、相互リンクガイドラインを作成しました。
今回相互リンクを申し込んできた方々をやり玉に挙げる様で申し訳ないのですが、
やはりそろそろ相互リンクに関する考えをしっかりとしておきたいのです。
今回相互リンクを申し込んできた方々には、
くれぐれも私の経験に基づく結末にならないよう願っています。
と言うわけで運営を応援しております。

ついでに更新履歴には書いていませんが、銀猫をクリアしたので、
管理人のシレン履歴のページを更新していたりします。
本棚整理中
夏だなぁ。いやぁ、もう本当に夏ですね。(意味深)

実は先日、部屋の本棚の整理をしていたんですが、
なぜか本棚から「赤ずきんチャチャ(1巻~10巻)」が出てきました。
ちなみに13巻で完結するらしい。

「こ、これは確かその昔、親戚の人が引越しするから要らないって言って渡してくれた本にあったやつ。」
「昔アニメがあったよな。コレ。」
とか思いつつ少し読んでいると不覚にも面白かったので全部読んでしまった…orz

基本的に一話完結型のギャグ漫画で、男女関係なく楽しめると思います。
個性があるにもありすぎるキャラが魅力。
私はやたらと熱血なラスカル先生と可哀想な役回りのバラバラマン先生が好き。

その次に思った事。
「アニメは全然違った気がするぞ!」
確か私の(アニメを1回だけ見た)記憶ではチャチャの両親が石にされてたし、
確かチャチャが3頭身から7頭身ぐらいに変身して、
必殺武器が「ビューティーセレインアロー」だったような気が…
(あ、でも調べてみたら別に7頭身じゃなさそう)

いや、間違いなくビューティーセレインアローはあるはずだ。
その昔ジャンプであったラッキーマンで三本柱マンがそのネタを使っていたし。
三本柱マン「ビューティーセレインアロー!」
会長「それは赤ずきんチャチャだろー!」

で、早速調べてみる。まったく、便利な時代になったもんだ。
Wikipediaに書かれている内容から察するに、
アニメ版は変身ヒロイン冒険活劇になったっぽいです。
(理由はまあ当然とも言える、スポンサーのタカラの要望。
原作の話でやっているとキャラクターグッズが出せないから。)
2クール目までは多分原作の単発話とほぼ同じっぽい。
(でも、変身アイテムは登場しているらしい)
かなり改変された話の様ですが、概ね評価は良い様子。

ちなみに4クールで終了する予定でしたが、
人気があったのでさらに2クール分延長されたそうです。
第39話 天空のキラ
というわけで気が付けばSEED DESTINYも39話。
後半戦にとっくに入っていますが、やっと真の主人公機、ストライクフリーダムが登場しました。
旧主人公機でやってきて新主人公機に乗り換えるのはありきたりですが結構いいかも。
挿入歌のvestigeも結構良さげでした。

相変わらずグレートな戦闘力ですが、それはもう前作から大して変っていません。
…この機体と互角に闘える機体はあるのか?
胸部にビーム砲、羽にドラグーン、腰にウェズバー(笑)、
合体可能な2つのビームライフルなどなど豪華な武装が勢揃いです。

今週の名台詞
「2分も経たずに、25機のザクとグフが撃墜されただと!?」
↑さりげなく元ネタよりも戦果を増やしているのに笑った。

機体色がストライクに戻っていましたが、
もしかしたらブースターにエネルギーを使ったので、
PS装甲の出力が下がってストライクの色に戻ったのかもしれませんね。

しかし、旧主役機なのにザクウォーリアに苦戦するのは、やはり旧式機ってことなのでしょうか?

それから一つ突っ込みたいところが。
「艦の大ピンチに昼メロしている場合かよ?」
ちょっとちょっと。今外で虎さんが必死に戦ってるんですよー
エターナルも厳しい状況ですし。
「再開を喜ぶのは後でだ」と言うのが普通な気がします。
まあ、嫁脚本ですからね。基本的に全体の状況よりも個人の感情が重要視されます。

え?シン?ディスティニー?何の事ですか?
このアニメの主役はキラですよ。
シンって言ったら今回の冒頭にチョイ役で登場していたキャラですよね?
あれが主人公?馬鹿言っちゃいけませんよ。敵役ですよ、あれは。

追記:割と大きなサイトは相互リンクに関して詳しい規定がありますが、
あれを制定する理由が非常によく分かりました。

もうね、なんつったらいーのか、ちょっと作成しただけで相互リンクを挑まれるのは微妙。
まあ、作成したばっかりでも更新する気があれば大目に見ています。
(私もサイト作成時にいきなり2つのサイトに相互リンクを頼んでしまったし)

が、今までに何人か「相互リンクしてください」と、作りたてのサイトで威勢よく来ましたが、
そういったサイトで相互リンクしたサイトは多くが更新を停止し、結局何件か消しました。
(今日も1つ存在意義が分からないサイトをリンクから外しました)

別にね、更新を停止するのが悪いことではないんですよ。
その方それぞれの理由がありますから。
それに更新していなくても掲示板に多数の人が集まって
交流の場として機能しているサイトもありますし。
(スーパーロボット大戦ファンクラブなど)
データベース、読み物として機能するサイトもあります。

と言っても、更新を停止したとしても、
交流の場として機能するにはそれなりのコンテンツが必要とされます。
いきなり掲示板を多数設置しただけで交流の場として機能するはずがありません。
(いや、ホントたまにあるんですよ。
サイト開設したばっかりなのに、掲示板が6つも7つもあるサイトとか。
他には掲示板「だけ」のサイトとか。)

頼むから「サイトを開設した」「掲示板を設置した」「リンク集を設置した」
「ちょっとだけ絵を置いた」で終わるのはかんべん。まじしお。(かしなとさんごめんなさい)
続・冥炎魔天
平日より忙しい夏もどうかと思う。
「我々は、夏季活動特別手当を要求するっ!」

冥炎は現在21階です。
装備は先ほどと大して変らず、鉄扇+3(扇)と鉄甲の盾+3(う・弟・弟・弟・弟)です。
回復の剣は作成を終了し、合成の壷があるので、
ミノタウロスの斧をゲットしたら回復の剣+3(会・扇・扇)にする予定です。

気がかりなのがまだ「金」の印を付けられないこと。
これがない期間が長いほど装備に被害を受けてしまうので早めに付けたいです。

メッキの巻物が出現してくれれば…
冥炎魔天11階
久々に冥炎魔天の挑戦に潜ってみると意外に調子が良く、現在11階です。
装備は鉄扇+2(扇)と鉄甲の盾+2(う・弟・弟)です。
1階と4階と10階ととにかくモンスターハウスに多く遭遇し、アイテムを多く稼げたのが大きいです。
冥炎では100階ごとのご褒美に未登録の装備やエレキ箱を貰えるそうなので、
ここで黄泉盾をゲットしたいと考えています。
まあ、まったりと進めて行きます。
第三次αのこれ以上の延期はなし
スパロボ公式サイトにて寺田プロデューサーのブログが更新され、
その内容から判断するにこれ以上の延期はないと考えてよさそうです。
後は各主人公による味方勢力の参戦の時期が書かれていましたが、
こちらは何時もどおりスーパー系主人公ではスーパー系が早く参入し、
リアル系主人公ではリアル系が早く参入する様です。

それにしても私はバーチャロンをプレイしたことはないのですが、
今回そのバーチャロンがどんな風に話しに絡んでくるのか楽しみです。
なんでも戦闘シーンではゲーム中のテクニックの動きも組み込まれているとか。
(ジャンプキャンセルなどの隙軽減技など)
ある意味、SEEDよりも興味があります。
パイロットは人工知能(の様な物)らしいですし。

そうそう。そういえば第二次Gの時のミネルバのパイロットは人工知能でした。
人工知能のため精神コマンドが使えません。
一体どうやって運用しろと言うんだ。戦闘時の台詞も全て「…」です。
ただし撃墜された時は「済みません。脱出します。」と喋ります。
機体に搭載されている人工知能がどうやって脱出するんだろう。(笑)
私が昔好きだった物 その2
ロックマンの後に好きになったのはSDガンダムでしたね。
当時は武者ガンダムが流行っていて、よくBB戦士のプラモを買っていました。

「大将軍列伝」と言う武者ガンダムのシミュレーションゲームも買いましたねぇ。
買ってから数年後に将ガンダムでサザビー(漢字変換面倒なので省略)を説得できるのを知りました。
この二人にまったく会話イベントがないため関連が分からず、
私が操作ミスをしなければ一生気付かなかったと思います(笑)

私が好きだったのは「七人の超将軍編」でした。

ちなみに上述したゲームには今となっては元ネタが分かる凄い地名が盛りだくさんでした。
漢字変換は忘れたので省略しますが、
「キンバライドの町」「ラビアンローズ山」などなど、
武者ガンダムが好きなだけの子供には元ネタが分からないことうけあいの地名が大量にありました。
他には「オロチビグザム」なんてのもありましたねぇ。
久々に昔を思い出してみる
管理人が小さい頃に一番好きなゲームはロックマンでした。

当時は意外と多くロックマンのキャラグッズがあり、
ロックマンのキャラのシールが入ったガムをよく食べていました。

極めつけは「ロックマンX麺」(笑)というラーメンがあったはずです。
もっともそれ以降はロックマン系のキャラグッズは見ていません。

現在はシリーズとしてロックマンエグゼが多くリリースされているらしいですが、
私の年齢の変化も伴って、プレイしていないのでまったく知りません。
エグゼシリーズの為に本家が8で止まってしまっているのは残念でなりません。
(正確に言うと、ロックマン&フォルテが最後の作品だと思います。)

え、「未来からの挑戦者」?なんですか?それは?

ロックマンシリーズではXシリーズも好きでしたねぇ。
X4からX5のリリースの間が3年も空いてしまったため、私はX5以降をプレイしていませんでした。

で、去年ネット上でX5以降の堕落っぷりを見て愕然。
実際にプレイしてみましたが、やはり評判通りの悪い出来でさらに愕然。
極めつけはX7の評価がこれです。

もっとも、開発部も流石にヤバイと反省したのか、X8は非常に完成度が高い作品となりました。
X8の評価がX7の評価とあまりにも正反対すぎる。(笑)
しかしなんでもっと早くヤバさに気付いてくれなかったのか…
X8のエンディングを見る限りはまだ続きそうですが、
ぜひともXシリーズは本家の様に中途半端に終わらず、完結して欲しいものです。
し、知らなかった…
何気なくシレン2をプレイしていた先日、
ふと気になって城の前の看板の前に立ってみる。
へぇ…看板の前でボタンを押したら城の風景が見れるんだ…
このゲームを4年半以上やっていますが、今まで全然気付きませんでした。
(結構気付きそうな位置にあるのに)

ちなみに強化の壷でギタンを強化して99万9999ギタンを投げてみましたが、
敵に与えたダメージは9999でした。
どうやらシレン2では10万ギタン以上は必ず9999ダメージになってしまうようです。
黄泉盾が…出ない。
銀猫をクリアした後は巣窟効率勝負に入り浸りです。
目当てはまだゲットしていない黄泉盾なのですが、全然出てきてくれません。
黄泉鎖は比較的早い段階で入手できたんですけどね。
週替わりダンジョンもオンラインサービスが終了した場合どうなるか分からないので、
出来ればこの段階で入手したいのですが…

それにしてもこの巣窟効率勝負は「レアなアイテムが目白押し」と言うのがウリっぽいですが、
アスカではにぎりへんげの剣、身かわしの盾、その他諸々の特殊合成装備以外は、
序盤のダンジョンからでも拾える物が多いのでありがたみが少ないです。
かと言って中々手に入らないアイテムが週替わりで超簡単に手に入るのも微妙な気分ですが。
シレン2でのやまびこの盾、カラクロイドの盾の入手に苦労した思い出が懐かしいです。
何を言いたいかというと、
アスカではもう少し入手に苦労する装備が多くてもよかったかなということです。
とは言えども、黄泉装備のレアさは少し嫌になりますけどね。
各主人公第一話公開
結構前の話になりますが、ファミ通で第三次αの各主人公の導入部分が公開されました。
詳細はこちらのサイトをご覧下さい。

とりあえず注目すべきは、クスハ編でイルイが普通に登場している事でしょうか。
このキャラは前作では主人公によって死亡、生存、行方不明様々な結末が待っていましたが、
やはり選択した主人公で今作でも扱いが違うと思われます。
クヴォレールートではアラドがイルイを助けに行って行方不明のまま始まるようですし。

私が一番興味があるルートはクヴォレールートでしょうか。
イングラムやアストラナガンとの繋がりをある程度思わせる風貌があります。
ついでにリアル系の味方も早々に仲間になると思うので、このキャラを主人公に選ぶと思います。
ちなみにガン・スレイブと言うのはOGが初出のいわゆる「ファンネル」です。
この武装はエアロゲイターの技術だと思われるのですがなぜ主人公機についているのか。
アストラナガンは装備していませんが、
OGでイングラムが搭乗したR-GUNリヴァーレには装備されていました。
やっぱりイングラムとの関わりがあるように思われます。
続・続・銀猫魔天
掲示板であった話題ですが、
公式サイトの壁紙の04年2月のキチゾーの立ちポーズっていわゆるジョジョ立ちですよね。
リゾットが登場した時の立ち方によく似ています。

それはともかく銀猫の続きでも。

  • 便利なワナ
    デロデロの湯、地雷は当たり前すぎるので割愛。
    と言っても実際の所、このワナ以外を持ち歩く余裕はあまりないと思う。
    ケロケロの雨は敵との殴り合いが可能なこのダンジョンでは意外に便利。
    装備外しのワナはオドロ、ドドロとの戦闘に使える。
    矢のワナは発見したらなるべく矢を稼ぎたいところだが、
    「矢を補充していたら敵がやってきたのでそのおかげで余計に消耗した」
    という事態も終盤では結構ある。序盤に矢稼ぎは終わらせておくべき。
    (大体99本のセットが4つ欲しい。
    そのため、序盤に保存の壷が拾えるかがどうかが勝負になる)
    落とし穴、ワナの罠なんかは泣きたくなるほど出現率が低い。
    そのため、アテには出来ない。

  • 矢稼ぎ
    コドモ戦車と当然利用する。
    前述したが、99階まで行くには99本セットが4つ欲しい。
    矢を稼ぐ方法としては、
  • 四角形でない部屋を掘ってバリケードを作って稼ぐ。
    (具体的な方法は白蛇島攻略に書いているので割愛)
  • 大部屋の巻物を読み、コドモ戦車を鈍足のワナに掛け、
    間合いを取ったら矢を撃たせまくる。
    などがある。上記の2つはオススメの方法。
    最初の方法はフロアの構造上無理な場合があるが、
    2つ目の方法はアイテムをしっかりと確保していればほぼ確実に実行可能なのでオススメ。
  • 続・銀猫魔天
    先日銀猫をクリア出来たので攻略を作成しようかと思っています。
    ではここで私が思った銀猫のポイントなどを。

  • 風魔石を合成するアイテム
    不動の盾に2個、透視の腕輪、パコレプキンの腕輪、まもりの腕輪の計5個を使用します。
    不動の盾に「弟」が5個付いていると、18体力が回復します。
    まもりの腕輪を2個装備するとアークの炎が17となるため、
    体力を1回復していくことが出来ます(実質無効化)。
    オオイカリアークの存在は恐ろしいので不動の盾はここまで強化しておきたいです。

  • その他の腕輪
    よくみえ、ねむらずは2個確保しておきます。
    ヒビが入ったら、念のために新しい腕輪に替えておくといいでしょう。
    お店でも割と見かけるので、2個確保しておけば、
    「壊れてストックがない」という状況はほぼないと思います。
    身代わりの腕輪は出来るだけ多めに。
    私は6個持ち歩きました。
    これくらい持っておくと、体力回復のためにわざと倒れることも出来るので、よさげです。

  • 神アーク対策
    このダンジョンではイカリのワナを踏んでアークが神の領域に踏み込むこともあります。
    そんなときのために前述した装備を作っておきましょう。
    また、オオイカリアークが発生したなら、装備を切り替え、
    明かりの巻物を読んで階段を目指しましょう。
    明かりの巻物は5枚程度確保しておきたいです。

  • その他のアイテム
    水がめは非常に使えます。
    これがあればメガタウロス、ラシャーガとも真っ向勝負出来ます。
    できれば要領[6]の水がめを2個持ち歩きたいです。
    また、高レベルの火炎入道を倒せるのも大きいです。

  • 意外なポイント
    このダンジョンではアイテム整理をきっちりと行った方がいいです。
    保存の壷がたくさん入手出来ますが、ワナとアイテムを詰め込むとすぐいっぱいになります。
    まず、風魔石専用、あかりの巻物専用、
    デロデロの湯&地雷専用、杖専用の壷を作るといいでしょう。
    また、巻物用の壷としてワナ、はりつけの巻物を入れておくといいです。
    しっかりと数をチェックしておきたいのは、ワナの巻物とデロデロの湯&地雷です。
    これらの数量をチェックしておきつつ、減ったらワナ巻で補給するスタイルを取りましょう。
  • 銀猫クリア
    先日から潜っていた銀猫ですがクリアしました。
    風魔石は15個持ち帰りで、風魔石を使ったのは不動の盾に2個、
    まもりの腕輪に2個、透視の腕輪、パコレプキンの腕輪でした。
    計6個合成に使用しましたが、思ったより少なくてもいけるものですね。
    私の考えでは不動の盾に弟切草を5個合成していれば、
    まもりの腕輪を2個装備するとアークの炎を完全に無効化できるので安心出来ます。

    イカリアークには2回襲われました。
    ダメージよりも炎のエフェクトが鬱陶しかったです。

    このまま行けるか…?
    前回からの続きとなりますが、現在銀猫66階で中断しております。
    店が連続して出現したおかげで風魔石のストックは6個。
    装備は不動の盾+6(弟×5)と透視、パコレプ、まもり×2の壊れずとよくみえ×2、ねむらず×2です。
    今回は眠り大根に気を払っているので今の所被害を受けずにいます。
    でもコイツの存在はやっぱり心臓に悪いです(笑)
    相変わらず水がめが大活躍で、対メガタウロスに役立ちます。
    ここからはさらに厳しくなりますが、行けるか…?
    どうでもいいですがキグニ族60の攻撃力がとんでもないのに驚きました。

  • スパロボの話
    SEED、イデオンの扱いは平行世界ではないらしいです。
    コーディネーターの設定をどうするかが微妙な所です。
    一応第二次αでのガオガイガーなどは「実はαの頃から組織があったんだ」という超後付け設定がありましたが、
    第3世代まであるコーディネーターは流石にそうは行かないような…
    人気作品と言えども、続編物に無理に出すのは難しいですね。
  • 銀猫56階
    前回は早々と散ったものの、今回は割と調子が良く、現在56階にで中断しています。
    以前はオオイカリ大根にやられたので今回は注意を払いたいです。
    …心臓に悪いダンジョンだ。

    それにしてもここでは水がめが大活躍です。
    カタナ系モンスターを回復役にする事が出来ますからね。
    火炎入道を消化出来るのもポイントです。

    風魔石を使ったのはまもり、透視、パコレプキンの腕輪と不動の盾の計4個です。
    また、現在ストックが1個あります。
    56階で合計5個は結構少ない気がしますね。

    話は変わりますが、今週の週替わりは素窟効率勝負ですね。
    まだ黄泉盾をゲットしていないので、銀猫が終わったら何度か挑んでみようと思います。

    こう考えるとチュンさんには週替わりダンジョン開放パッチを出して欲しいものです。
    一致団結なんかだったら、じっくりと挑まないとクリア出来ませんし…
    よく週替わりであんな難易度のダンジョンを考えたものです。

  • 更新内容
    用語の壷に人気のない秘技であるワナ外しとトド守りを追加しました。
    というか、シレン2、アスカ見参の用語は様々な方の協力もあってひと段落してしまったんですよね。
    今では抜けていたモンスターや秘技なんかを更新するのみにとどまっています。
    これからどうするか…とりあえずは保留ですけど。
    それから、銀猫をクリアできたら一通り攻略を書こうかと思っています。
  • 久々の銀猫
    久々に未クリアの銀猫をプレイしていました。
    …そして散りました。22階で。
    今回は早い段階でパコレプ(壊れず)と透視(壊れず)を作れたのですが、
    その後はお店が一向に出ず、不動の盾を全然強化出来ませんでした。

    まだこのダンジョンには不慣れなのでパコレプと透視だけではきつかったです。
    で、最後は油断して親方のおにぎり攻撃の前にやられました。

    はやいことクリアして風魔石をゲットしたいんですけどねぇ…

  • 今日の更新内容
    掲示板であった麻痺状態では攻撃が必ず当たる話題は知らない方もいると思うので、
    最果てへの道のパオパ王階層の攻略に追加しておきました。
    また、以前Aさんから情報提供を受けたピコタン系に関する小ネタは、
    私の方で確認が取れたので面白テクに掲載しました。
    ついでにムラドの試練攻略を私が見ながら進めた感じで、
    分かりにくい部分があったので修正しました。
    風来画廊に1枚、無念の記録に1人追加しました。
  • アスカ見参オンラインサービス終了へ
    アスカ見参オンラインサービス終了のお知らせ
    アスカ見参のオンラインサービスが9月30日で終了するそうです。
    (厳密に言うと、オンライン権が8月31日で販売を終了します。
    8月31日に購入すれば、9月30日まで出来るみたいです)

    アスカの販売終了情報が来たのでそろそろ終わるかと思っていましたが、
    結構早かったですね。
    残念ですが、2年半以上続いているので、ある意味妥当な時期だとは思います。

    実は私、WIN風来のシレンを購入しました。
    まあ、もう購入できないとなると…買うしか(笑)
    (厳密には他の通販サイトを利用すれば買えるはずですが)
    copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved