FC2ブログ
三度笠の集い 管理人ブログ
「三度笠の集い」管理人のブログ。現在は私が別サイトで書いているガンダムVS.シリーズの攻略記事ミラーが多いです。
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
ポケモン
たまにQRのパーティーでシングルレートに参加しています。
やはり育成なしで手軽に遊べるのは便利ですね!

実はウルトラサンムーンはまだ育成環境が整ってないんです。
過去育てたポケモンは輸送しましたが、
BP稼いでないからメガストーンも揃えてないという(苦笑)

余裕ができたら、メガストーンなど揃えたいですね。
スポンサーサイト
運命の地下 クリア
この前、ようやく運命の地下をクリアしました。
ダンジョンを開放してから、あまりチャレンジしてなかったんです(笑)

今回は早い段階で気配察血が手に入ったり、復活の草と祝福の巻物が複数手に入ったりしたのが勝因です。

技は、
混乱波、感電波、やり過ごし閃光×2、ナレナレ波、ナンドモウテウテ波、
回復アップ、カイ弾でした。

ナンドモウテウテ波は中々便利で、浅層の夜巡回がやりやすかったり、
レベル1の相手なら殴りあえたり、やり過ごし閃光のうち漏らしを処理したりできました。

慣れたら夜の方がやりやすいですね。
松明も複数確保できたので、終盤も楽に立ち回れました。
【EXVS2】グフ・カスタム メモ
●クラッカーからの追撃
中距離であればガトシ連射で問題ない。
意外とスタン時間が長くダウンが取れることも多いし、盾割り込みをされても反撃の心配が小さい。
近距離ならば格闘で追撃すること。
ただし、グフの格闘はカット耐性が悪いことに注意。
危ないならステップからNサブ格闘派生につなぐこと。
近距離でガトシ追撃をするのは危険。
前BDでガトシを撃ちながら追撃したら「敵機を追い越して振り向き撃ち・・・敵機はスタンから抜ける」ということが多い。
こうなってしまうと、敵機から反撃を受けて危険な状態になることも。
サブ追撃する場合、距離が遠い場合は2重スタンで落としてしまうので前BDしつつサブがいい。

●クラッカーの当てどころ
敵機が着地した瞬間に投げる感じ。
着地後の横ステップや横BDを狩れる。
通常の誘導武装のようにばらまいても命中率は低い。できるだけ上記のように投げること。
でないとプレッシャーが薄くなる。
使用中足を止めるリスクはあるものの、特格キャンセルも利用してなるべく機能する距離でばら撒きたい。
至近距離の敵機に当てた場合、自分も爆風に巻き込まれるので要注意。
その場合、わずかだが敵機の方がスタンからの復帰が早い。
格闘を振らずに、盾かステップか道路を出しておくこと。

●後格闘の使いどころ
ワイヤーで飛んだ後に緑ロックで使って接地するのが主な使い道。
敵機の目の前で出すと一般的なBRすら回避できないので注意。

●サブ生当ての使いどころ
素早く伸びるので軸のあった敵機に前ステップしてサブ。
これができないと放置展開になった際にかなり厳しい戦いを強いられる。
久々にシレン5(DS)
休日になんとなくシレン5(DS)を起動させてみました。
シレン5、結構解放してない要素があったんですよね。

とりあえず今回はナンドモウテウテ波を開放してみました。
解放するために夜モンスターを倒すのが面倒で、今まで開放してなかったんですw

やっている内に「そういえばコハルも強化&成長させてなかったなぁ」と思ったり。
シレン5はいい作品なのですが、ちょうど私のプレイ頻度が下がる時期に出たので放置されている要素が多いです。

これを機に少しずつ開放してみようかな・・・。
レジェンドガンダム メモ
大したことではないですが、EXVS2のレジェンドガンダムのメモを書いておきます。

●足を止める武装を多く持つ機体にはレバー格闘CSを撒いておく
ガナーやエクセリア相手にはレバー格闘CSを送り続けると相手が仕事をしづらくなるのでいい感じです。
緑ロックから出しても嫌がらせとして十分機能します。
後格はスパイクの射程が短いので状況に応じて、近い方の相手に送っておきたいですね。

●BD格は結構伸びる
使っている本人が驚くようなこともしばしば。
放置されだしたら振ってみるのもいいでしょう。

●レバー特格からの追撃は欲張りたい
ダウン値2.7の打ち上げなので、BR一発だけだと少しもったいないです。
距離が近ければ前格→BR、遠ければスパイク≫何らかの追撃などでダメージを稼ぎたいですね。

●スパイクからの追撃も欲張りたい
2本当たった場合ダウン値3なので、前格→BRやBD格Nが入ります。
状況が許せば、ダメージを稼いでおきたいところです。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved